理念

 

専門知識を提供し

 

あなたが本来やるべき優先順位の高いことに集中できる時間が手に入り

 

ともに成長と尊重ができる関係を築くこと

 


3つの特徴

 

特徴その:個別相談

顧問契約しないで、メールまたは対面のご相談です。

時間を有効活用し、あなたの悩みに沿った相談ができ悩みごとを解消します。

 

特徴その:税務顧問

税金の専門家としてサポートし、

あなたは得意なことに集中できる環境が手に入ります。

品質を維持するために件数を限定

 

特徴その:未来経営

経営目標と資金繰りを見える化し、経営ビジョンの実現を目指します

社外CFOとして経営黒字化と資金繰りの安定の一翼を担います

 


サービス

 

私の持つ知識

 

時間とお金をかけたものに

経験を加え

ときには裁判記録を調べたものを提供して

 

税金や経営の悩みごとを解消し

 

あなたが本来やるべき

もっと優先順位の高いことに

集中できる時間が手に入ります

 

あなたがやりたいことを

続けることができるようになります

 

メール個別相談

メール個別相談

 

継続契約不要

24時間

いつでも申込み

 

対面個別相談

対面個別相談

 

継続契約不要

直接会って相談

 土曜日対応可能

 

税務顧問

税務顧問

 

あなたを

よく理解している相談相手

 

 

未来経営

未来経営

 

経営ビジョンの実現化を目指す

社外CFO

 

確定申告

確定申告

 

相談

申告書作成

代理申告

 

 



実績

 

法人

申告件数 累計500件以上

年商千万円~100億円規模

従業員数 人~800人 

業種:

不動産賃貸/番組企画制作/催事の企画運営/印刷業/資材用織物販売/情報処理サービス/

ソフトウェア制作/温泉旅館業/貸切バス事業/結婚情報サービス業/労働者派遣業/

衣料雑貨品販売/広告企画制作調査/設備設計/一般病院(100床規模) など 

 

確定申告

不動産所得

申告件数 累計300件以上

事業所得

申告件数 累計200件以上

年商千万円~億円規模

従業員数 人~30

業種:歯科医/眼科医/産婦人科医/理容業/洋菓子製造業/整体業 など

譲渡所得

土地建物の譲渡 累計40件以上

株式の譲渡所得 累計60件以上

上記以外の確定申告

ストックオプション/住宅借入金等特別税額控除/住宅改修工事に係る特別税額控除/生命保険の満期返戻金の一時所得/給与2カ所以上/医療費控除/ふるさと納税/政党等寄付金特別控除/公的年金 など

 

相続

相談および申告件数 約30

※一般的な税理士事務所の平均申告件数は1年に1件程度

贈与

相談および申告件数 約50

 


プロフィール

 

1976年生まれ

神奈川県横浜市出身

 

略歴

理系大学を卒業

物流会社の管理部門に就職、3年間勤務

税理士事務所へ転職

小規模税理士事務所

中規模税理士法人

ファンド系列の税理士事務所

国税OBの税理士事務所

独立開業

 

資格

税理士

合格科目:法人税 相続税 消費税 財務諸表論 簿記論

経営革新等支援機関

MOS:Excel Word PowerPoint

認定キャッシュフローコーチ

CFP🄬(ファイナンシャルプランナー)

宅地建物取引士  など 

 

税理士 佐藤智明


事務所情報

 

102-0084

東京都千代田区二番町9-3

THE BASE 2F

営業時間 平日 9時~18

    営業目的等の来所は迷惑です。

固くお断りします。

 



よくあるご質問

 

Q.保険など取扱いはしていますか? 

A.弊所は保険などの販売はしておりません。

お客様のなかには、保険などを販売させれることを不安におもっている方もいます。

 そのため、弊所では保険などの取扱いはしておりません。

 

Q.単発相談で相談回数が多くなることはありますか?

A.単発相談は、基本、1回で終了することを念頭に行っています。

お客様の情報を少しずつしか出してもらえないときは回数が多くなることも想定されます。

1回で終了するためには、お客様のご協力をお願いしております。

    

Q.電話で単発相談はできませんか?

A.電話での単発相談はお断りしております。

専門家であっても面識のない方と、事前に相談内容も分からずに、参考資料があなたにしかない状態で、

限られた時間内に適切なアドバイスを行うことは非常に困難です。

あなたの不利益になることがあるため電話での単発相談はお断りしております。

メールまたは対面での単発相談をお申込みください。

 

Q.なぜ、有料相談なんですか?

A.相談内容に回答するときは、あなたから事前に相談内容のお聞きしたうえで、

必ず相談内容に関連する事柄について調べ直し、専門書などを読み返すようにしております。

ときには専門書の購入、裁判記録を調べて勉強することもあります。

専門的な知識は、時間とお金をかけたものに、経験を加えたものをあなたに提供しているため有料相談として

おります。 

 

Q.単発相談を作った理由はなんですか?

A.最近はAIなどの進歩により作業(記帳や申告書の作成など)はご自身で行う方が増えていますが、

税法(税金)の判断の部分でどうすればよいのかわからない、悩むとのお声をお聞きすることが

増えました。

 また、顧問契約するまでではないが、専門家の税理士に相談して安心したいとの要望もあり

相談に特化したプランとして単発相談をご提案させていただいております。

 そのため、記帳代行や申告書の作成などの作業は、料金に含まれておりません。

申告書の作成をご希望の場合は、税務顧問や確定申告をお申込みください。

 

Q.安くなりませんか?

A.現在の料金から安くすることはしておりません。

あなたの個々の悩みに対応しております。

個別相談はオーダーメイドのサービスであり、既製品のように一度に多くの方に提供したり、

同じものを他の相談者に提供することがほぼできません。 相談内容は本当に人それぞれです。

 また、あなたにお会いしているときだけではなく、お会いする前にも相当な時間を費やしております。

そのため、現在の料金から安くすることは考えておりません、ご了承ください。

 

Q.どのサービスを選択すればいいのかわかりません。

A.お問い合わせフォームに、おおまかな相談内容と希望することを書いてお問い合わせください。

あなたにオススメのサービスを提案させていただいております。

もちろん、提案とは違うプランを選択していただいても構いません。

 

Q.どこまで来てもらえますか?

A.東京駅から電車で60分程度の場所であればお伺いさせていただきます。

また、新幹線等の利用が必要なときは別途運賃(実費)を請求させていただきます。

メール相談またはメール顧問の場合は、対面形式ではないため場所は関係ありません。

そのほかに、来所でのご相談も承っております。

 

Q.支払いは現金払いですか?

A.事前の銀行振込もしくは事前のクレジットカード払い(PayPal決済)とさせていただいております。

 また、銀行振込の場合は、振込手数料をお客様負担でお願いしております。

 領収書は、各銀行振込の利用明細またはクレジットカード会社が発行する利用明細書が代替となります。

 

Q.どの士業に相談したらいいのかわからないんですが?

A.お問い合わせフォームに、おおまかな相談内容と希望することを書いてお問い合わせください。

内容を確認して回答をさせていただきます。

 

Q.対面単発相談で90分を過ぎたらどうなりますか?

A.90分のときにお話をしている相談内容が最後の相談事項とさせていただきます。

ご相談後、週間以内であれば、面談時のご相談内容についてメールでお答しております。

面談時と違う相談内容の場合は、別途お申込みください。

 

Q.相談を受けられないことはありますか?

A.脱税相談は対応しておりません。

そのほかに、弁護士などの他士業の方に相談したほうがより適切なアドバイスを受けられる内容などは、

わかる範囲内でお答えすることは可能ですが、深い内容については、

ご相談をお受けすることができない場合があります。 ご了承ください。

 

Q.税務顧問契約している場合も、相談料は別料金ですか?

A.税務顧問料に相談料は含まれております。

メール単発相談または対面単発相談は、税務顧問契約をしていない方へのサービスです。

  


お問い合わせ

 

サービス内容についてのご質問を受付けています。

お問い合わせフォームへの特定電子メールの送信を拒否します。

業・勧誘のメールは「特定電子メール法の送信の適正化等に関する法律」に則り関係機関等に通報します。 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

 

営業時間 平日 9時~18

 TEL 03-4405-6781

※FAX番号ではありません

営業目的等のご連絡と来所は迷惑です。固くお断りします。

守秘義務と個人情報の観点からご紹介はしておりません。

 ビル内は禁煙となっております。

 


更新

 

【相続&贈与民法改正による義理両親等を介護したときの権利

【相続&贈与】民法改正による遺産の最低限の取り分のルール変更

【相続&贈与】民法改正による遺産分割のルール変更

【相続&贈与】法改正による自筆証書遺言の緩和

【経営&税務】10月1日以降でも消費税が旧税率(8%)になるもの

【経営&税務】10月1日 消費税が10%になって変わること

【相続&贈与】民法改正により創設された配偶者短期居住権

【相続&贈与】民法改正により創設された配偶者居住権

【経営&税務】代表者等の法人申告書への自署と押印制度の改正(30年度改正)

【経営&税務】保育施設用資産を取得したときの減価償却の上乗せ(30年度改正)

【経営&税務】法人が収益をいつ、いくらで計上すべきかの改正(30年度改正)

【経営&税務】IoT投資を5千万円以上したときの節税(30年度改正・創設)

【経営&税務】設備投資をしたときの固定資産税の軽減(30年度改正・創設)

【経営&税務】給与の増加&設備投資をしたときの節税(30年度改正)

【相続&贈与】事業承継を目的とする非上場株式等の相続税の特例

【相続&贈与】事業承継を目的とする非上場株式等の贈与税の特例

 

過去のブログをご覧になりたい方は「ブログ」をご覧ください