佐藤智明税理士事務所の代表者のプロフィール

「中小事業者だからこそ、他では提供していないサービスを届ける」

をコンセプトに事務所を設立しました。

 

税理士 佐藤智明

1976年生まれ

辰年

A型

かに座

神奈川県横浜市出身 

税理士 

(合格科目:法人税/相続税/消費税/財務諸表論/簿記論)

宅地建物取引士

CFP(R)(ファイナンシャルプランナー)

MOS(Excel、Word、PowerPoint、Access)

初級システムアドミニストレータ

 

主な所属団体

東京税理士会

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

東京商工会議所

日本FP協会

 

趣味

スカッシュ(競技者ではなく、愛好者)

愛犬(ダックスフント)との散歩

 

好きな言葉

「そのときの出逢いが人生を根底から変えることがある

 よき出逢いを」 相田みつを

「しあわせはいつもじぶんの こころがきめる」  相田みつを

 


-主な略歴-

 

 理系大学卒業後、物流系の一般企業に就職する。

理系出身で数字に強いだろうという会社の判断で管理業務に配属され、簿記等の知識が必要になったことから簿記3級から勉強を始める。

 

 学んだことがない簿記等に苦戦をしつつも簿記3級、2級、1級と勉強を進めるにつれ面白い分野であり、理系大学で培った予測、計画、実行、データ収集、結果分析、問題点の改善が会計等にも役立ち理系大学出身でもやっていけると確信する。

 

 勤務時間が1日十数時間を超え、また夏季および年末が繁忙期のため1年中長時間労働の日々が続く。

 

 平成15年に税務・会計等をもっと学びたいとおもい税理士事務所に転職することを決意するも、当時は税理士事務所への就職・転職は人気があり完全な買い手市場で苦戦することに。

 

 応募数30回以上の末、川崎に所在する税理士事務所に勤務。

 

 仕事と税理士試験勉強の両立に日々を忙殺されるも、充実感のほうが勝っていたので続けることでき、税理士試験(簿記論、財務諸表論、法人税、相続税、消費税)に7年間で合格する。

 

 実務経験は、様々な業種及び経験をするために数所の税理士事務所、税理士法人(男性代表、女性代表、会計士代表、元国税出身代表など、規模等も様々)に勤務し、売上高数千万円から数百億円の中小企業の税務相談、税務代理、連結納税、組織再編成等および大地主様の不動産所得から個人事業者の確定申告、相続開始前の相談・対策から実際の相続等の申告、マイナンバーのセミナー講師等の業務に携わる。

 

 税理士になり、お客様、事務所内でも信頼が得たことやほんの少しは意見が通ることもあるなかで、心に疑問がありました。

 

 「税理士になったあとも記帳代行の仕事がメインであってよいのか?」

 「お客さまに、もっと貢献できるサービスはないのか?」

 「世の中はITなどにより効率的および飛躍的に進化しているのに、税理士事務所の仕事は上手く世の中の流れに乗れていない。」

 

そして、これらの疑問の解決方法を模索して出した答えが「独立」することでした。

 

「中小事業者だからこそ、他では提供していないサービスをお届けできるよう日々、葛藤しています。

 

 

ご相談・ご依頼の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。