中小企業の社外番頭役として経営者のビジョン(理想の状態)を実現するサポート

1.経営支援サービス

 

「実績(過去)報告型」から「未来経営型」へ

 

一般的な税理士事務所のサービス
社外番頭役 税理士 佐藤智明

 

一般的な税理士事務所では次の業務が主流となっています。

 

①記帳代行 ②監査業務 ③申告書の作成 ④税務相談 ⑤税務調査対応 など

 

そのほとんどがお客様の実績、つまり過去を対象にしたサービです。

 

経営者の経営の相談相手になれないのも、数字を実績として簿記や税法などのルールで処理する方法として扱っているからです。

 

記帳代行以外は税務の知識や経験が必要となるもののサービス提供の頻度は年1回やそれよりも長いスパンになることもあります。

 

一般的な税理士事務所のサービスは、価値(専門性)の低い記帳代行の利用が多く、価値(専門性)の高い税務サービスの利用が少ないのが現状です。 

 

 弊事務所では、他の事務所が提供していない、お客様に経営基盤を強化することにより本業に専念できる環境を整えるサポートをしております。 

※弊所がお客様に代わってビジョンを考え、意思決定、数値目標を決定するサービスではありません。

 

(1)経営に2つの数字軸を活用し見える化

社長の頭の中にあるビジョン(理想の状態)を明快に図式化・数字化するサポートをします。

  

社長のビジョンを図式化・数字化すれば、黒字になるのか

黒字にするにはどれくらいの目標設定になるのか

その目標設定は達成可能なのか 

収支トントンにするにはどれくらいの目標設定(必達目標)になるのか 

他の選択肢がないのか

 など

  

経営者の中にあるビジョン(理想の状態)を数字化・図式化して明確にしませんか?

 

経営者の意思決定の判断基準、根拠の裏付けをすることで実践を後押しします。 

 

(2)資金繰りの見える化

会社の資金の流れを図式化、漠然とした資金の悩みを解消するサポートをします。

 

会社の資金不足は会社の倒産原因となることはわかってるいるものの、具体的には自分の会社の資金の流れ

 

について経営者はどれくらい理解しているのでしょうか?

 

キャッシュフロー計算書は、現預金が過去の一定期間にいくら増えたのか、減ったのか」「その過去の一定間に増えた、減った原因は何か」の計算書です。

 

これで、漠然とした資金の悩みを解消できていますか? または、できますか?

 

資金繰り表は、現在ないなら使った方がよいです。 

 

しかし、資金繰り表は「いついくら入金予定または出金予定がわかる」ものなので数か月先が限界です。

 

漠然とした資金の悩みを解消するには会社の資金の流れを図式化することが最適です。

 

会社の資金の流れを図式化することにより、次のようなメリットもあります。

 

繰越資金(余剰資金)を生み出す仕組みがわかる 

設備投資の可否がわかる 

借入金の上限設定がわかる 

 など

 

資金繰り改善をして本業に専念しませんか? 

 

(3)経営者と社員の経営目標の共有

社員向けのセミナーを行うことで、経営者と社員の経営目標の共有をおこないます。

 

会社の現状とビジョン(理想の状態)を認識してもらい、会社が達成すべき目標・理由を明確にします。

 

会社の財務内容をオープンにしたくない経営者でも、図式化したものを使用するので、会社の詳細なことまで

 はわかりません。

 

社長が言っても伝わりにくい次ようなの話を第三者が社員に提供します。

 

給与・賞与は、どこから支払われているのか

利益はなぜ必要なのか

目標売上は、なぜ達成する必要があるのか

 など

 

経営者と社員が経営目標を共有して、会社のビジョン(理想の状態)を実現しませんか? 

  

2.選ばれる理由

・会社の未来と資金について相談できる

・経営者と従業員の意識のギャップを埋めることができる

・資金繰りの構造を理解し根本的な改善をすることができる

・融資目的に最適な財務体質改善をすることができる

・他の税理士事務所では提供していないサービスを提供している

・税理士が直接対応をします
・節税対策ができます
・相続対策等の相談もできます
・税制改正にもしっかり対応しています
・試算表など説明もしっかりおこなっています

 など 

 

次の場合は弊所では御力にはなれませんのでご了承ください。

・資料丸投げの記帳代行

・接客中の電話対応

・社会保険関係手続き→スマートHR(クラウドソフト)または社会保険労務士にご相談ください。

・登記→司法書士にご相談ください。

・脱税相談

 など

 

ご相談・ご依頼は

03-4405-6781

※FAX番号ではありません

営業時間 平日 9時~18時

 

解決策や税金計算は有料です。

営業目的等の回答はしておりません。

 

3.実績

(1)法人

申告件数 累計500件以上

年商1千万円~100億円規模

従業員数 1人~500人 

業種:

不動産賃貸/不動産管理/不動産仲介/番組企画制作/催事の企画運営/出版/印刷業/

資材用織物販売/小売/マーケティングコンサル/ITコンサル/情報処理サービス/ソフトウェア制作/

温泉旅館業/宿泊業/貸切バス事業/結婚情報サービス業/労働者派遣業/有料職業紹介業/完成保証/貸金業/衣料雑貨品販売/オーダースーツ卸販売/広告企画制作調査/設備設計/設計管理/

住宅資材等販売/金属加工/機械基盤プレス加工/機械工具販売/機械備付工事/管工事/

サッシ加工販売/自動車部品卸/自動車修理販売/建築設計/建築/運送/飲食店/食肉卸/

建具用品等販売/木材卸/造園/ビル水槽清掃/雑貨玩具販売/眼鏡コンタクト販売/絵画販売/

警備/一般病院(100床規模) など 

 (2)個人事業

①不動産所得

申告件数 累計300件以上

②事業所得

申告件数 累計200件以上

年商1千万円~5億円規模

従業員数 1人~30人

業種:弁護士/歯科医/眼科医/産婦人科医/理容業/洋菓子製造業/ITコンサル業/整体業 など

 

4.料金体系(消費税込み)

  単発相談プラン

未来経営プラン

面談回数 1回 月1回 月1回 月1回
報酬料金 

27,000円/時間

49,800円/月

69,800円/月

129,800円/月

面談形式 対面・ZOOM 対面・ZOOM 対面・ZOOM 対面・ZOOM

面談時間 ※作業時間を除く

1時間単位 90分/月  2時間/月 3時間/月

面談後のメール相談

2回まで

未来経営

銀行融資格付け評価診断

※事業性評価診断

税務相談

  税務顧問プラン
面談回数 月1回 月1回 月1回 年1決算
報酬料金 

64,800円/月

79,800円/月

159,800円/月

決算申告報酬 324,000円 432,000円
面談形式 対面・ZOOM 対面・ZOOM 対面・ZOOM 対面

面談時間 ※作業時間を除く

90分/月  2時間/月 3時間/月 3時間×2回

記帳代行

△ ※別途料金

監査(データチェック)

税務相談

未来経営 

銀行融資格付け評価診断

※事業性評価診断

決算書作成

※原則 電子申告・PDFデータ

年末調整

2,700円/1人

3,240円/1人

法定調書

償却資産税申告

税務調査対応

54,000円/1日

64,800円/1日

5.お問い合わせ

  

ご相談・ご依頼は

03-4405-6781

※FAX番号ではありません

営業時間 平日 9時~18時

 

解決策のご提案や税金計算は有料です。

営業目的等の回答はしておりません。

広告宣伝メールの送信を拒否しています。

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


6.経営&税務に関連する記事

法人の青色申告
所得税の青色申告
認定経営革新等支援機関

免税店(輸出物品販売場)
輸出酒類販売場

国税のクレジットカード納付
帳簿書類の電子保存
スキャナ保存制度
酒税法等の一部改正法(酒類の公正な取引に関する基準)
個人情報保護法改正

法人が収益をいつ、いくらで計上すべきかの改正(30年度改正)

給与の増加&設備投資をしたときの節税(30年度改正)

IoT投資を5千万円以上したときの節税(30年度改正・創設)

設備投資をしたときの固定資産税の軽減(30年度改正・創設)

所得拡大税制(雇用者給与等支給額が増加した場合の特別控除)の見直し
経営力向上設備等を取得した場合の特別償却又は特別控除
経営力向上設備等に係る固定資産税の特例

保育施設用資産を取得したときの減価償却の上乗せ(30年度改正)

代表者等の法人申告書への自署と押印制度の改正(30年度改正)

地震により販売用酒類が破損したときの酒税の還付

災害特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税の非課税
被災者が作成する不動産の譲渡に関する契約書等の印紙税の非課税
被災自動車の自動車重量税の還付
被災代替資産等の特別償却制度の創設
【更新】仮想通貨の課税関係
ビットコイン(仮想通貨)の課税関係
所得税の還付申告
所得税の雑損控除
所得税の医療費控除
所得税のセルフメデュケーション税制
所得税の社会保険控除
所得税の小規模企業共済等掛金控除
イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)
所得税の生命保険料控除
所得税の個人年金保険料控除
所得税の地震保険料控除
所得税寄付金控除
ふるさと納税(所得税の寄付金控除)
所得税の障害者控除
所得税の寡婦控除および寡夫控除
所得税の勤労学生控除
所得税の扶養控除
所得税の配偶者控除(平成30年度改正)
所得税の配偶者特別控除(平成30年改正)
所得税の配偶者の扶養親族等の数え方の変更(平成30年改正)
所得税の基礎控除(平成30年税制大綱を含む)
災害減免法による所得税の軽減免除
所得税の住宅借入金等特別控除(税額控除)
所得税の認定住宅新築等に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除)
所得税の中古住宅耐震改修に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除)
所得税の住宅耐震改修工事(借入なし)に係る特別控除(税額控除)
所得税のバリアフリー改修工事に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除)
所得税のバリアフリー改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除)
所得税の耐久性向上改修工事(借入なし)に係る特別税額控除
【所得税】省エネ改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除)

【所得税】省エネ改修工事に係る住宅借入金等特別控除(税額控除)
【所得税】多世帯同居改修工事に係る住宅借入金等特別控除(税額控除)
【所得税】多世帯同居改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除)
【所得税】政党等寄付金の特別控除(税額控除)
住宅ローンがある自宅を売却し譲渡損が生じたとき
被相続人の居住用財産(空き家)を売却したとき
つみたてNISA
NISA
ジュニアNISA