国税クレジットカード納付について

国税のクレジットカード納付」についてざっくり説明します。

 

1.国税クレジットカード納付の開始

平成29年1月4日から国税のクレジットカード納付が開始されました。

 

2.国税クレジットカード納付の方法

 インターネット上の国税クレジットカードお支払サイトから手続きすることになります。

※納付手続きが完了すると取消および納税の猶予等を受けることができません。

金融機関、コンビニ、税務署の窓口ではクレジットカード納付はできません。

 

3.クレジットカード納付できる税目

 原則、全ての税目および加算税、延滞税等(附帯税)の納付も可能です。 また、付帯税のみの納付も可能です。 

 ただし、印紙を貼り付けて納付する場合等は、利用できない税目もあります。

 

4.利用できるクレジットカード

 Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARD 

※利用の都度手続きが必要であり、自動継続されるものではありません。

 

5.利用できる納付税額

 1度の手続きにつき、1円~1000万円未満かつ、クレジットカードの決済可能額以下まで(決済手数料含む)。 

 一括払い、分割払い、リボ払いができますが、分割払い、リボ払いの場合は、決済手数料に加えて、カード会社への手数料が発生する場合があります。 

 ※手続き後の支払回数の変更はできません。

 ※ボーナス払いは利用できません。

納付税額に応じた決済手数料がかかり最初の1万円までは76円(消費税別)で、以後の1万円を超えるごとに76円(消費税別)がかかります。

領収書は発行されず納付済の納税証明書の発行までに3週間程度かかるときがあります。

クレジットカードのポイントはカード会社の規約に基づくのでカード会社に確認してください。

 

6.利用できる時間帯

 メンテナンス作業等を除き、休日を含む24時間いつでも利用できます。

 

7.クレジットカードの引落日が法定納期限よりも後になったときの延滞税

納付手続きの完了日が法定納付期限内であれば、クレジットカードの引き落とし日が納付期限よりも後になっても延滞税は発生しません

 

8.国税クレジットカード納付の留意事項

 利用者情報に家族等の情報を入力すれば、家族等の国税もクレジットカード納付ができます 

 ただし、クレジットカード納付は、カード名義人の方が行うこととなっております 

 

上記の内容は平成29年6月20日現在の内容となり、

各個別的事案には各専門家へご相談することをお勧め致します。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士/宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー

 

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。