イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)について

イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)についてざっくり説明します。

  

1.イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)

 基礎年金、厚生年金等の公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつです。

平成29年1月から企業年金を実施いている企業に勤めている会社員、専業主婦、公務員も加入できるようになり、60歳未満であればほぼ全ての人が加入できるようになりました。

 ※国民年金保険料の免除を受けている場合は加入できません

 ※企業型確定拠出年金の加入者の場合は事業主が規約の変更等の諸条件があります

 

2.メリット

①毎月の掛金の全額が所得控除(小規模企業共済等掛金控除)となり、下記の税金が軽減されます。

年間の掛金×所得税率

年間の掛金×住民税(10%)

②運用益が非課税となります。

③受取方法を、年金、一時金、または金融機関によっては年金と一時金の併用が選択できます。

※年金で受け取る場合は、公的年金等控除が適用され、一時金で受け取るときは退職所得控除の対象となり

 ます。

 

3.掛金

 月々5千円から1千円単位で設定でき、年1回変更ができます

  また、拠出限度額は以下のとおりとなります。

 ①第1号被保険者(自営業者など)

  月額6万8千円国民年金基金または付加保険料との合計額)(年81万6千円

 ②第2号被保険者(会社員・公務員など)

  (ア)会社に企業年金がない 

    月額2万3千円年27万6千円

  (イ)企業型確定拠出年金に加入している 

    月額2万円年24万円

  (ウ)確定給付企業年金のみに加入している 

    月額1万2千円年14万4千円

  (エ)企業型確定拠出年金確定給付企業年金に加入している

    月額1万2千円年14万4千円

  (オ)公務員等 月額1万2千円年14万4千円

 ③第3号被保険者(専業主婦(夫)) 月額2万3千円年27万6千円

 

4.給付の方法

 ①老齢給付金または障害給付金

  5年以上20年以内の有期年金終身年金の取扱いをしている運営管理機関もあります。)

 ②死亡一時金(加入者等が死亡したときにその遺族が受給可能です。)

  一時金

 

5.いつから給付を受けられるのか

 ①老齢給付金は以下の加入期間などにより異なります。

  (ア)10年以上               60歳

  (イ)8年以上10年未満 61歳

  (ウ)6年以上8年未満    62歳

  (エ)4年以上6年未満    63歳

  (オ)2年以上4年未満    64歳

  (カ)1ヶ月以上2年未満 65歳

 ②障害給付金

  70歳前に傷病で一定以上の障害状態になった場合で、傷病が続いた状態が1年6カ月を経過したときに

  受給できます。

 ③死亡一時金

  加入者等が死亡したときにその遺族が受給可能です。

 

6.デメリット

 ①口座開設時、開設後の毎月、給付、還付、移換など手数料がかかります

 ②原則、60歳まで引出ができない

 ③運用成績により給付額が変動します。(上手く運用できればメリットになります。)

 

7.運用

 運営管理機関(金融機関、保険会社、専門会社など)が提示する預貯金、保険商品、投資信託などから加入者が自分で選択します。 また複数の商品を組み合わせて運用することもできます。

 原則、商品の変更はいつでもできます

 ※元本保証のない商品もあります

 ※各運営管理機関により取扱い商品が異なります

 

 以上の内容は平成29年7月20日時点の内容となり

個別的事案には各専門家へ相談させることをお勧めいたします。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士/宅地建物取引士/ファイナンシャルプランナー

 

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。