相続税の相次相続控除について

相続税の相次相続控除についてざっくり説明します。

 

1.相続税の相次相続控除

 10年以内に2回以上の相続があったときに、一定の要件に該当する人がいるときは、その人の相続税額から一定額を控除することができます。

 

2.相次相続控除が受けられる人

 下記の①~③のすべてを満たす方が対象となります。

①被相続人(亡くなった方)の相続人であること。 

 相続の放棄した人および相続権を失った人は適用がありません

②被相続人が、相続開始前10年以内に開始した相続により財産を取得していること。

③被相続人が、相続開始前10年以内に開始した相続により取得した財産に相続税が課税されていること。 

 

3.相次相続控除の図解

相次相続控除の図解

4.相次相続控除額の計算

相次相続控除額の算式

A:第2次相続の被相続人(父)が、第1次相続により取得した財産に課税された相続税額

 (第1次相続の被相続人(祖父)から相続時精算課税の適用を受け 課税されたときは、 その贈与税額を

  控除した後の金額)

 ※外国税額控除前の税額で、延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、重加算税は除かれます

 ※第1次相続で「農地等の相続に係る相続税の納税猶予」「非上場株式等の相続税の納税猶予」

  「山林を相続したときの納税猶予」の適用を受けたときは該当しません。

B:第2次相続の被相続人(父)が、第1次相続により取得した財産第1次相続の被相続人(祖父)から

  相続時精算課税の適用を受けたものを含みます。)の債務控除後の金額

C:第2次相続により相続人(子など)および受遺者の全員が取得した財産(第2次相続の被相続人(父)

  から相続時精算課税の適用を受けたものを含みます。)価額債務控除後の金額

  ※暦年贈与により取得した財産の価額は含みません

D:第2次相続によりその相続人(子)がその相続により取得した財産(第2次相続の被相続人から取得した

  相続時精算課税の適用を受けたものを含みます。)の価額債務控除後の金額

E:第1次相続開始の時から第2次相続開始時までの期間の年数  ※1年未満は切り捨て

 

上記の内容は、平成29年11月13日時点のものとなります。

各個別的事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

  

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。