所得税の寄付金控除

所得税の寄付金控除についてざっくり記載します。

 

1.所得税の寄付金控除

 所得税の納税者は、その年に特定寄付金を支出したときは、確定申告をすることにより、その特定寄付金を支出した人が一定の金額を所得控除することができます。

  

2.寄付金控除の金額

 次の算式により計算した金額のうち、いずれか小さい金額となります。

(ア)特定寄付金の年間合計額-2千円

(イ)その年の総所得金額等×40%-2千円 

 

3.対象となる寄付金(特定寄付金)

 次のいずれかに対する寄付金が対象となります。

(ア)国、地方公共団体

※寄付した人に特別の利益が及びと認められるものは該当しません。

(イ)公益社団法人、公益財団法人などに対するもので財務大臣が指定したもの

(ウ)独立行政法人

(エ)社会福祉法人

(カ)更生保護法人

(キ)以下を主たる目的とする地方独立行政法人

・試験研究

・病院事業または社会福祉事業の経営 

・介護老人保健施設または博物館等の設置および管理 

(オ)自動車安全運転センター、日本司法支援センター、日本私立学校振興・共済事業団、日本赤十字社

(カ)旧民法34条により設立された法人

(キ)特定公益信託のうち、その目的が特定公益増進法人の主たる目的と同様のものの信託財産としての支出

(ク)政党、政治資金団体、その他の政治団体、議員等の後援団体などに対するもので、総務大臣または都道

   府県の選挙管理委員会に報告されたもの

※寄付をした人に特別の利益が及ぶもの、政治資金規正法に違反するものは該当しません。

(ケ)私立学校法人のうち、学校、幼保連携型認定こども園、専修学校などの設置を主たる目的とする法人

(コ)特定新規中小法人が発行した特定新規株式を払い込みにより取得したときの株式取得金額

※(1千万円限度)

 

4.対象とならない寄付金

 次の寄付金は寄付金控除の対象となりません。

(ア)学校の入学に関してするもの

(イ)社会福祉法人を設立するために支出したもの

(ウ)宗教法人に対するもの

(エ)政治資金規正法に違反するもの

など

 

5.確定申告で寄付金控除の適用を受けるには

 確定申告書に、寄付金控除に関する一定事項を記入し、領収書、寄付金(税額)控除のための書類、証明書などを添付する必要があります。

 

関連する記事

上記の内容は、平成30年1月15日時点のものとなります。

各個別的事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

  

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。