【確定申告】提出した確定申告書の内容に間違いがあったとき

提出した確定申告書の内容に間違いがあったときについてざっくり記載します。

 

1.提出した確定申告書の内容に間違いがあったとき

 提出した確定申告書の内容に間違いがあったときは、その内容を訂正する時期、訂正内容の結果などにより取り扱いがことなります。

 

2.法定申告期限までに訂正したとき

 提出した確定申告書の内容に間違いがあったときに、その間違った内容を訂正し、確定申告書の提出期限までに確定申告書を提出したときは、提出した日付が一番新しい確定申告書が、その納税者の確定申告書になります。

 

3.法定申告期限の後に訂正したとき

 提出した確定申告書の内容に間違いがあったときに、その間違った内容を訂正し、確定申告書の提出期限のあとに確定申告書を提出したときは、次の(ア)または(イ)のようになります。

 

(ア)当初の納税額が多かったとき、または、当初の還付額が少なかったとき

例 ①納税額 最初の納税額 50万円 → 訂正後の納税額 30万円

    ②還付額 最初の還付額 10万円 → 訂正後の還付額 20万円

 当初申告した納税額が多かったとき、または、当初申告した還付額が少なかったときは、「更正の請求書」を提出し、税務署でその内容について検討され、当初の納税額が多かった、または、当初の還付額が少なかったと認められたときは、内容が通知され、税金が還付されることになります。

 更正の請求ができる期間は、原則、法定申告期限から5年以内とされています。

※平成23年12月2日よりも前に法定申告期限が到来するときの更正の請求ができる期限は、法定申告期限

から1年以内となっています。

 

(イ)当初の納税額が少なかったとき、または、当初の還付額が多かったとき

例 ①納税額 最初の納税額 30万円 → 訂正後の納税額 50万円

    ②還付額 最初の還付額 20万円 → 訂正後の還付額 10万円

 当初申告した納税額が少なかったとき、または、当初申告した還付額が多かったときは、「修正申告書」を提出することになります。

 新たに納付する税金があるときは、その修正申告書の提出日が、新たに納付する税金の納付期限とになります。

 また、新たに納付する税金には、延滞税、過少申告加算税を一緒に納付する必要があります。

 

4.延滞税

 法定納期限まで納付しないとき、修正申告書を提出したときに新たに納付する税額があるときなどは、次の日数に応じて延滞税が課されます。

 

(ア)納期限の翌日から2月を経過する日まで(平成26年1月1日以後)

 「原則 年7.3%」と「特例基準割合+1%」のいずれか低い割合

 例) 平成30年1月1日~12月31日まで

年7.3% > 年2.6% ∴2.6%

 

(イ)納期限の翌日から2月を経過した日以後(平成26年1月1日以後)

 「原則 年14.6%」と「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合

 例) 平成30年1月1日~12月31日まで

年14.6% > 年8.9% ∴8.9%

 

5.過少申告加算税

 修正申告をしたときに、新たに納付する税金に係る過少申告加算税は、修正申告書が提出された時期に応じて次のように区分されます。

(ア)修正申告書が、法定申告期限の翌日から調査通知前までに提出されたとき

過少申告加算税は課されません。

(イ)修正申告書が、調査通知以後から調査による更正等予知前までに提出されたとき

①原則 5%

②新たに納付する税額のうち、期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分 10%

(ウ)修正申告書が、更正等予知以後に提出されたとき

①原則 10%

②新たに納付する税額のうち、期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分 15%

 

関連する記事

【確定申告】公的年金等の収入があるとき

【確定申告】個人年金の収入があるとき

【確定申告】上場株式等を譲渡したとき

確定申告】特定口座制度の上場株式等

【確定申告】上場株式等の配当金を受け取ったとき

【確定申告】一般株式等(上場株式等以外)を譲渡したとき

【確定申告】非上場株式等の配当金を受け取ったとき

【確定申告】土地・建物を売却したとき(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】土地・建物を売却し譲渡損となったとき(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】自宅を売却したときの特別控除および軽減税率(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】家が共有となっている自宅を売却したときの特別控除(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】敷地のみを所有している自宅を売却したときの特別控除(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】自宅を買い換えて譲渡損となったとき(譲渡所得・分離課税)

【確定申告】仮想通貨の課税関係

【確定申告】死亡保険金を受け取り所得税の対象となるとき

【確定申告】満期保険金等を受け取り所得税の対象となるとき

【確定申告】競馬の払戻金の課税区分

【確定申告】所得税の雑損控除

【確定申告】所得税の医療費控除

【確定申告】所得税のセルフメデュケーション税制(医療費控除の特例)

所得税の社会保険料控除

所得税の小規模企業共済等掛金控除

イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)

所得税の生命保険料控除

所得税の個人年金保険料控除

所得税の地震保険料控除

【確定申告】所得税の寄付金控除

ふるさと納税

所得税の障害者控除

所得税の寡婦控除およぶ寡夫控除

所得税の勤労学生控除

所得税の配偶者控除(平成30年改正)

所得税の配偶者特別控除(平成30年改正)

所得税の配偶者の扶養親族等の数え方の変更(平成30年改正)

所得税の扶養控除

所得税の基礎控除

所得税の還付申告

【確定申告】災害免除法による所得税の軽減免除

所得税の住宅借入金等特別控除(税額控除)

所得税の認定住宅新築等に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除)

所得税の中古住宅耐震改修に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除)

所得税のバリアフリー改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除) 

所得税のバリアフリー改修工事に係る住宅借入金等特別控除の特例(税額控除

所得税の住宅耐震改修工事(借入なし)に係る特別控除(税額控除)

所得税の耐久性向上改修工事(借入なし)に係る特別税額控除

【所得税】省エネ改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除)

【所得税】省エネ改修工事に係る住宅借入金等特別控除(税額控除)

【所得税】多世帯同居改修工事に係る住宅借入金等特別税額控除の適用(税額控除)

【所得税】多世帯同居改修工事(借入なし)に係る特別税額控除(税額控除)

【確定申告】政党等寄付金の特別控除(税額控除)

【確定申告】配当控除(所得控除)

 

上記の内容は、平成30年3月2日時点のものとなります。

各個別的事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

  

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。