法人の青色申告の承認、特典、提出期限、繰越欠損金、取消など9項目

法人の青色申告の承認、特典、提出期限、繰越欠損金、取り消しなどについてざっくり説明します。

法人の青色申告

法人が一定の帳簿書類を備付け、日々の取引を正確に記録し、納税地の所轄税務署長に青色申告の承認申請をして、その承認を受けたときは、法人税の申告を青色申告書で提出することができます。

法人の青色申告の要件

法人の青色申告は、次の要件を両方満たす必要があります。

  1. 税務署長に「青色申告承認申請書」を提出し、あらかじめ承認を受けること。
  2. 法定の帳簿書類を備付け、取引を記録し、かつ、保存すること。

法人の青色申告承認申請書の提出期限

法人の青色申告承認申請書の提出期限は、次のとおりです。

  1. 原則
    青色申告書を提出しようとする事業年度開始の日の前日までに納税地の税務署に提出しなければならない。
  2. 新たに法人を設立したとき
    設立後、最初の事業年から青色申告書を提出しようとするときは、次のどちらかか早い日までに納税地の税務署に提出しなければならない。
    • 設立日以後3ヶ月を経過した日の前日
    • 最初の事業年度終了日の前日

法人の青色申告承認申請書の承認

法人は青色申告承認申請書を提出し、その承認の対象となった事業年度終了日までに承認、
または、却下の通知がなかったときは、その事業年度終了日に承認があったものとみなされます。

法人の青色申告のメリット

青色申告法人には次のメリットがあります。

青色申告の法人の「一定の帳簿書類」

青色申告をする法人が備え付ける必要がある一定の帳簿書類は、次のとおりです。

  1. 帳簿
    総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳など
  2. 書類
    棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書など

青色申告の法人の「帳簿書類の保存期間」

青色申告をする法人の帳簿書類の保存期間は、次のとおりです。

  • その事業年度の確定申告書の提出期限の翌日から7年間保存する必要があります。
  • 平成20年4月1日以後に終了した欠損金が生じた事業年度は、欠損金の繰越期間が9年になり、保存期間が9年間に延長されました。
  • 平成30年4月1日以後に開始する欠損金が生じた事業年度は、欠損金の繰越期間が10年になり、保存期間が10年間に延長されました。
一緒によく読まれている記事

帳簿と書類を電子保存についてざっくり説明します。帳簿書類の電子保存帳簿書類の保存方法は、原則、出力した紙で保存することになります。例外として、法人または個人事業者の保存義務者は、自己が最初の記録段階から一貫してパソコンを使用[…]

帳簿と書類を電子保存するための種類、要件、承認など
一緒によく読まれている記事

スキャナ保存をするときの対象となる書類、要件、承認など6項目についてざっくり説明します。スキャナ保存制度原則、書類の保存方法は、出力した紙で保存することになります。例外として、スキャナ保存制度では、保存義務者は、重要書類および[…]

スキャナ保存をするときの対象となる書類、要件、承認など

法人の青色申告承認申請書の却下

青色申告をしている法人が次のどれかに該当する事実があるときは、税務署は申請を却下することができます。

  • 帳簿書類の備付け、記録、保存が帳簿書類の要件を満たしていなかった。
  • 帳簿書類に取引の全部または一部を隠ぺいしまたは仮装して記載されている、
    その他の事実ではない記載があると認められる相当の理由がある。
  • 青色申告の承認の取り消しの通知を受けた日以後1年以内に申請書を提出したとき。
  • 青色申告の取りやめの届出を提出した日以後1年以内に申請書を提出したとき。

法人の青色申告承認申請書の取消し

青色申告の承認があったときでも、次のどれかに該当する事実があるときは、税務署は、その事実が該当する事業年度までさかのぼって、青色申告の承認を取り消すことができる。

  • その事業年度の帳簿書類の備付け、記録、保存が法令で定めるところに従って行われていないとき
  • その事業年度の帳簿書類について税務署長の必要な指示に従わなかったとき
  • その事業年度の帳簿書類に取引の全部または一部を隠ぺいしまたは仮装して記載し、
    その他の記載事項の全体に真実性を疑うに足りる相当の理由があるとき
  • 2事業年度連続して確定申告書を提出期限までに提出しなかったとき
  • 連結納税の承認が取り消されたとき
一緒によく読まれている記事

2018年(平成30)年4月1日以降に法人の収益認識基準(いつ、いくらで計上すべきか)の改正と返品調整引当金と割賦販売の延払基準の廃止についてざっくり記載します。法人が収益を認識する基準(時期と金額)の改正法人が収益をいつ、いく[…]

法人の収益認識基準と返品調整引当金と延払基準の廃止のH30年改正
一緒によく読まれている記事

個人事業者が青色申告を申請するときに知っておきたことについてざっくり書きます。個人事業者の青色申告一定の帳簿を備付け、日々の取引を正確に記録し、その帳簿に基づいて正確な計算をする個人事業者は、青色申告の承認申請をして、その承認を[…]

個人事業者が青色申告を申請するときに知っておきたい12項目

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

顧問税理士

顧問税理士|佐藤智明税理士事務所

次のような方がご利用しています。 顧問税理士の詳細 

  • 税金のことはそんなに詳しくない
  • 税務調査に不安や心配がある
  • 脱税と節税の違いがわからない
  • どれくらいまで節税していいのかがわからない
  • 気付かないうちに脱税していないか不安になる
  • あとで多額の税金の支払をしたくない
  • 会社や事業のことだけではなく、相続や贈与のことも気になる
  • 税理士以外の担当者では不安がある
  • 担当者が変わるたびに誰に相談していいのかわからなくなる
    など
法人の青色申告
無料で新着情報を知りたいときはフォローしてください!