【確定申告】提出した確定申告書に間違いがあったとき

提出した確定申告書の内容に間違いがあったときについてざっくり記載します。

提出した確定申告書に間違いがあったとき

提出した確定申告書の内容に間違いがあったときは、その内容を訂正する時期、訂正内容の結果などにより
取り扱いがことなります。

法定申告期限までに訂正したとき

提出した確定申告書の内容に間違いがあったときに、その間違った内容を訂正し、確定申告書の提出期限までに
確定申告書を提出したときは、提出した日付が一番新しい確定申告書が、その納税者の確定申告書になります。

法定申告期限の後に訂正したとき

提出した確定申告書の内容に間違いがあったときに、その間違った内容を訂正し、
確定申告書の提出期限のあとに確定申告書を提出したときは、次の①または②のようになります。

  1. 当初の納税額が多かったとき、または、当初の還付額が少なかったとき

    • 納税額 最初の納税額 50万円 → 訂正後の納税額 30万円
    • 還付額 最初の還付額 10万円 → 訂正後の還付額 20万円

      当初申告した納税額が多かったとき、または、当初申告した還付額が少なかったときは、
      「更正の請求書」を提出し、税務署でその内容について検討され、当初の納税額が多かった、
      または、当初の還付額が少なかったと認められたときは、内容が通知され、税金が還付されることになります。
      更正の請求ができる期間は、原則、法定申告期限から5年以内とされています。
      ※平成23年12月2日よりも前に法定申告期限が到来するときの更正の請求ができる期限は、
      法定申告期限から1年以内となっています。

      関連記事

      所得税の還付申告についてざっくり記載します。 所得税の還付申告 所得税の納税者は、その年の翌年1月1日から5年間までに、源泉徴収された所得税または予定納税した所得税が年間の所得金額により計算した所得税より多いときは、確定申告をするこ[…]

      【確定申告】所得税の還付申告
  2. 当初の納税額が少なかったとき、または、当初の還付額が多かったとき

    • 納税額 最初の納税額 30万円 → 訂正後の納税額 50万円
    • 還付額 最初の還付額 20万円 → 訂正後の還付額 10万円

      当初申告した納税額が少なかったとき、または、当初申告した還付額が多かったときは、
      「修正申告書」を提出することになります。
      新たに納付する税金があるときは、その修正申告書の提出日が、新たに納付する税金の納付期限とになります。
      また、新たに納付する税金には、延滞税、過少申告加算税を一緒に納付する必要があります。

      関連記事

      確定申告による所得税の納付についてざっくり記載します。 確定申告による所得税の納付 確定申告書を提出し、納付する所得税(復興特別所得税を含む)がある人は、確定申告書の提出期限までに、その納付すべき所得税を次の方法で納付することになり[…]

      【確定申告】税金の支払い
      関連記事

      「国税のクレジットカード納付」についてざっくり説明します。 税金クレジットカード払いの開始 平成29年1月4日から税金(国税)のクレジットカード払いが開始されました。 [sitecard subtitle=関連記事 url[…]

      税金のクレジットカード払い

延滞税

法定納期限まで納付しないとき、修正申告書を提出したときに新たに納付する税額があるときなどは、
次の日数に応じて延滞税が課されます。

  • 納期限の翌日から2月を経過する日まで(平成26年1月1日以後)
    「原則 年7.3%」と「特例基準割合+1%」のいずれか低い割合

    例) 平成30年1月1日~12月31日まで
    年7.3% > 年2.6% ∴2.6%

  • 納期限の翌日から2月を経過した日以後(平成26年1月1日以後)
    「原則 年14.6%」と「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合

    例) 平成30年1月1日~12月31日まで
    年14.6% > 年8.9% ∴8.9%

過少申告加算税

修正申告をしたときに、新たに納付する税金に係る過少申告加算税は、
修正申告書が提出された時期に応じて次のように区分されます。

  • 修正申告書が、法定申告期限の翌日から調査通知前までに提出されたとき
    過少申告加算税は課されません。
  • 修正申告書が、調査通知以後から調査による更正等予知前までに提出されたとき
    1. 原則 5%
    2. 新たに納付する税額のうち、期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分 10%
  • 修正申告書が、更正等予知以後に提出されたとき
    1. 原則 10%
    2. 新たに納付する税額のうち、期限内申告税額と50万円のいずれか多い金額を超える部分 15%

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士
キャッシュフローコーチ
認定経営革新等支援機関
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー

未来経営
次のようなことで困っていませんか?
新入社員並の報酬料金で、役員クラスの貢献をしてほしい
会社のお金の流れが漠然としていてストレスがある
後継者を育てたい
社外CFOがほしい
社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレでイライラしている
節税という言葉に弱く、節税商品などを進められると
必要かどうか考えずに購入してしまう
過度な節税は、経営を悪くするといわれてもピンとこない
など

未来経営 佐藤智明税理士事務所
顧問税理士
次のようなことで困っていませんか?
税理士が対応してくれない
定期的に相談したい

経営者同士として話がしたい
税金の計算をしてほしい

経営革新等支援機関の支援を受けたい
相続や贈与の相談もしたい
担当者が代わることにストレスがある
現在の担当者に知識や経験、余裕がない
など
対面税金相談
次のようなことで困っていませんか?
対面で相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
相続や贈与の相談をしたい
必要なときだけ相談したい
税理士に直接相談したい
自分で作成した申告書を確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
対面相談 佐藤智明税理士事務所
ZOOM税金相談
次のようなことで困っていませんか?
ZOOMで相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税理士に直接相談したい
申告書の内容が合っているか確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
ZOOM税金相談 佐藤智明税理士事務所
メール税金相談
次のようなことで困っていませんか?
メールで相談したい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談がしたい
相談したいけど時間がない
営業時間内に相談する時間がない
税理士に直接相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税務署には相談しにくい
など
メール税金相談 佐藤智明税理士事務所
【確定申告】提出した確定申告書に間違いがあったとき
最新情報をチェックしよう!
>

〒102-0084
東京都千代田区二番町9-3
THE BASE 麹町
営業時間 平日9時~18時