【確定申告】災害があったときの所得税の軽減免除

災害があったときの所得税の軽減免除(災害減免法)についてざっくり記載します。

災害があったときの所得税の軽減免除(災害減免法)

所得税の納税者は、災害によって一定の資産について損害を受け、かつ、その災害にあった年の所得金額の合計額が
1千万円以下のときに、その災害の損失額について所得税の雑損控除の適用を受けないときは、
確定申告期限までに確定申告することによりその年の所得税について軽減または免除されます。

対象となる損失の発生原因

災害減免法による所得税の軽減免除の対象となる損失の発生原因は、災害による損失が対象となります。
主な災害は以下のとおりです。

  • 震災、風水害、冷害、雪害、落雷などの自然現象による災害
  • 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害
  • 害虫(シロアリなど)、害獣などの生物による異常な災害

対象となる資産

災害減免法による所得税の軽減免除の対象となる資産は次の要件をすべて満たす必要があります。

  • 住宅、家財であること。
  • 損害額-保険金等で補てんされる金額 ≧(住宅、家財の価額)×1/2

災害があったときの軽減免除と所得税の雑損控除

災害により住宅、家財に損害を受けたときは、災害減免法による所得税の軽減免除または
所得税の雑損控除のどちらかのみを選択し適用することができます。

災害があったときの軽減免除の適用を受けるには

災害減免法による所得税の軽減減免の適用を受けるためには、確定申告書に一定の事項を記入し、
原則、確定申告の申告期限までに確定申告書を提出する必要があります。

 

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士
キャッシュフローコーチ
認定経営革新等支援機関
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー

未来経営
次のようなことで困っていませんか?
会社のお金の流れが漠然としていることによるストレスがある
社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレでイライラしている
経営判断をそのときの気分や感情で行ない
明確な判断基準を自分の中に持てていない
節税という言葉に弱く、節税商品などを進められると
必要かどうか考えずに購入してしまう
過度な節税は、経営を悪くするといわれてもピンとこない

未来経営 佐藤智明税理士事務所
顧問税理士
次のようなことで困っていませんか?
税理士が対応してくれない
税金の計算をしてほしい
経営革新等支援機関の支援を受けたい
相続や贈与の相談もしたい
担当者が代わることにストレスがある
現在の担当者に知識や経験、余裕がない
経営者同士として話がしたい
定期的に相談したい
対面税金相談
次のようなことで困っていませんか?
直接、税理士に相談したい
対面でスポット相談をしたい
相続や贈与の相談をしたい
税金の計算が合っているか確認してほしい
ネットの情報は、あまり信用できない
顧問税理士がいない
いきなり顧問契約することに不安がある
対面相談 佐藤智明税理士事務所
ZOOM税金相談
次のようなことで困っていませんか?
直接、税理士に相談したい
対面でスポット相談をしたい
相続や贈与の相談をしたい
税金の計算が合っているか確認してほしい
ネットの情報は、あまり信用できない
顧問税理士がいない
いきなり顧問契約することに不安がある
ZOOM税金相談 佐藤智明税理士事務所
メール税金相談
次のようなことで困っていませんか?
税理士に相談したい
メールで相談したい
相続や贈与の相談をしたい
自分で調べるのが面倒だ
ネットの情報は、あまり信用できない
相談したいけど時間がない
必要なときだけ相談したい
メール税金相談 佐藤智明税理士事務所
【確定申告】災害があったときの所得税の軽減免除
最新情報をチェックしよう!
>


〒102-0084
東京都千代田区二番町9-3
THE BASE 麹町
営業時間 平日9時~18時