【確定申告】競馬の配当があったときの税金:一時所得と雑所得、裁判

競馬の配当(払戻金)あったときの税金についてざっくり記載します。

競馬の配当があったときの税金

競馬の配当(払戻金)の課税は、原則、一時所得として計算されますが、一定の要件を満たすときは雑所得として計算することができます。   

競馬の配当の所得(儲け)の計算

  • (原則)一時所得
    一時所得 = 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除(最高限度額50万円)
    ※一時所得は、更に「一時所得×1/2」と計算したうえで他の所得(給与所得など)と合計します。
  • (例外)雑所得(公的年金等以外)
    雑所得(公的年金等以外) = 総収入金額-必要経費
    ※雑所得は、そのままの金額が他の所得(給与所得など)と合計されます。
    ※雑所得がマイナスとなったときはなかったもの(=0)とされます。

競売の配当の課税区分を裁判で争う理由

競馬の配当(払戻金)の課税区分を次のように主張し裁判になることがあります。  

  • 納税者(払戻金をもらった人):雑所得
  • 課税庁(税務署):一時所得

「上記2の競馬の払戻金の所得(儲け)の計算」を見ると、一時所得は特別控除を差引、かつ、1/2となるため雑所得より納税者有利(納税が少ない)となりそうです。

しかし、納税者は雑所得だと主張します。

その理由は「ハズレ馬券の購入費」の取り扱いが一時所得と雑所得とでは異なるからです。

「ハズレ馬券」は課税区分により次のようになります。

  • 原則:一時所得
    • ハズレ馬券の購入費は、収入を得るために支出した金額にはならない。
    • 収入を得るために支出した金額に該当するには当たった馬券の金額のみとなります。
  • 例外:雑所得
    • ハズレ馬券の購入費は、必要経費となる。
    • ハズレ馬券の購入費を経費として収入から引きたいために納税者は雑所得として主張しています。

競馬の配当の課税区分を雑所得とするための判断基準

競売の配当(払戻金)の課税区分の判断基準は次の事情を総合勘案しているとされています。

  • 馬券購入の期間
  • 馬券購入の回数
  • 馬券購入の頻度
  • その他の態様
  • 利益発生の規模
  • 利益発生の期間
  • その他の状況等

具体的には次のようなときは、雑所得に該当するとされています。

  • 馬券を自動購入するソフトウェアと使い独自の条件設定と計算式に基づいているなど
  • 年間を通じてほぼ全てのレースの馬券を購入する
  • 年間を通じて収支で多額の利益を上げている
  • 回収率が馬券の購入の期間総体として100%超の馬券を選別して購入したことが客観的に明らかとき
一緒によく読まれている記事

FXなど一定の先物取引の差金等決済をしたときの確定申告ついてざっくり記載します。先物取引の差金等決済をしたとき(申告分離課税)日本に住んでいる居住者または日本国内に恒久的施設(事業活動の拠点となるホテルなど)がある非居住者は、F[…]

【確定申告】FXなど(先物取引)の差金等決済をしたときの確定申告

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

不動産専門確定申告の詳細はこちら
次のような方がご利用されています。

  • 税制や融資で有利なサポートを受けたい
  • 確定申告がわからない
  • 確定申告がめんどくさい
  • 無駄な税金を払いたくない
  • 税務署で何時間も待たされた
  • 間違った判断をして損をしたくない
  • 仕事を休めない
  • 正しい申告書を作る自信がない
  • 知らないうちに脱税になることは避けたい
  • 税務署に相談したくない
  • 税務署からの連絡を自分で受けたくない
    など

メール単発税務相談の詳細はこちら  ZOOM単発税務相談の詳細はこちら
次のような方がご利用されています。

  • 自分の悩みに沿った具体的な相談がしたい
  • 直接対面で相談したい
  • オンラインで相談したい
  • メール相談したい
  • 外出しないで相談したい
  • 確定申告の相談がしたい
  • 相続や贈与の相談をしたい
  • 無駄な税金を払いたくない
  • 税務署で何時間も待ちたくない
    など