生命保険金を受け取ったときの税金/一時所得と雑所得

生命保険金を受け取ったときの税金についてざっくり記載します。

生命保険金を受け取ったとき
/一時所得または雑所得、総合課税)

被保険者が交通事故、病気などにより死亡し、保険金の受取人が生命保険金を受け取ったときに、一定の要件に該当するときは、その生命保険金について所得税が課税されます。

一緒によく読まれている記事

生命保険を支払っている人の所得税の生命保険料控除についてざっくり記載します。所得税の生命保険料控除、介護保険料控除その年に、一定の生命保険契約等の生命保険料または介護医療保険料を支払ったときは、その保険料を支払っている人が一定の[…]

【確定申告】生命保険を支払っている人の所得税の生命保険料控除

生命保険金が所得税の対象となるとき

生命保険金を受け取ったときに所得税が対象となるのは、保険料の負担者と保険金の受取人が同じ人だったときです。

被保険者
(亡くなった人)
保険料の負担者保険金の受取人
長男長男

生命保険金の受け取り方による所得税の計算方法の違い

生命保険金に所得税の対象となるときは、保険金の受取方法により、計算方法が違います。

  1. 保険金を一時払いで受け取ったとき
    一時所得として次のように計算されます。
    ※生命保険金のほかに一時所得がないとして仮定しています。

    一時所得=(死亡保険金-支払保険料-50万円)×1/2

  2. 保険金を年金で受け取ったとき
    雑所得(公的年金等以外)として次のように計算されます。
    原則、所得税が源泉徴収されます。

    雑所得(公的年金等以外)=(その年に受け取った年金額-受け取った年金額に対応する支払保険料)

相続税|生命保険金が相続税の対象となるとき

生命保険金を受け取ったときに相続税の対象となるのは、被保険者と保険料の負担者が同じ人だったときです。

たとえば、以下の表のような場合が該当します。

被保険者
(亡くなった人)
保険料の負担者
(亡くなった人)
保険金の受取人
一緒によく読まれている記事

死亡保険金が贈与税または相続税の対象となるときの契約、非課税などについてざっくり記載します。生命保険金等が相続税または贈与税の対象となるとき被保険者が交通事故、病気などにより死亡し、保険金の受取人が生命保険金を受け取ったときに、[…]

生命保険金が贈与税、相続税の対象となる時の契約、非課税など

贈与税|生命保険金が贈与税の対象となるとき

生命保険金を受け取ったときに贈与税の対象となるのは、被保険者、保険料の負担者、
保険金の受取人がすべて違う人だったときです。

たとえば、以下の表のような場合が該当します。

被保険者
(亡くなった人)
保険料の負担者
(亡くなった人)
保険金の受取人

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は税理士佐藤智明に帰属します。

https://www.satoh-tax.com/

単発税務相談で税金のお悩みをいますぐ解消したい方へ

オンライン単発税務相談|佐藤智明税理士事務所

次のような方がご利用されています。

  • 税金ことがよくわからない
  • 本やネットで調べたが専門用語が多く理解できなかった
  • 知りたいことが見つけられなかった
  • 初めて申告するが、なにから初めていいかわからない
  • 自分と似たような事例を見つけたが、自分も同じでいいのか迷っている
  • 節税の条件を満たしているかわからない
  • 脱税にならないか心配
  • 税務署に間違いを指摘されないか不安だ
  • あとで予想していなかった税金、罰金の支払いがないか不安がある
  • どこまでが節税どこまでが脱税なのかがわからない
  • 相談できる相手がいない
    など

メール単発税務相談の詳細はこちら