所得税/住民税の基礎控除|2020年に改正

所得税の基礎控除についてざっくり記載します。

所得税の基礎控除

所得の多い少ないに限らず、一律に適用され一定の金額を所得控除することができます。

所得控除とは?

所得控除とは、所得税を計算するときに利益から控除できる経費みたいなものです。

所得控除の種類によって、控除できる金額が違います。

また、所得控除の金額がそのまま税金が減るのではなく、所得控除×税率だけ税金が減るため収入金額や収入の種類によっていくら税金が減るかが変わります。

2019年(令和1年)まで|所得税の基礎控除の金額

2019年(令和1年)までの所得税の基礎控除の金額は38万円となります。

2020年(令和2年)以降|所得税の基礎控除の金額

2020年(令和2年)以降は、つぎのように見直しがされます。

所得税の基礎控除38万円から一律10万円引き上げられ、48万円になります。

ただし、

その人の合計所得金額が2,400万円を超えるときは、その所得金額に応じ控除額が減額されます。

また、合計所得金額が2,500万円を超えるときは、基礎控除額は0円となります。

2020年(令和2年)以降の合計所得金額と所得税の基礎控除の関係

その年の合計所得金額所得税の基礎控除
0円~2,400万円以下48万円
2,400万円超~2,450万円以下32万円
2,450万円超~2,500万円以下16万円
2,500万円超0円

2020年(令和2年)以降|住民税の基礎控除の金額

2020年(令和2年)以降は、つぎのように見直しがされます。

住民税の基礎控除額33万円から一律10万円引き上げられ、43万円になります。

ただし、

その人の合計所得金額が2,400万円を超えるときは、その所得金額に応じ控除額が減額されます。

また、合計所得金額が2,500万円を超えるときは、基礎控除額は0円となります。

2020年(令和2年)以降の合計所得金額と住民税の基礎控除の関係

その年の合計所得金額住民税の基礎控除
0円~2,400万円以下43万円
2,400万円超~2,450万円以下29万円
2,450万円超~2,500万円以下15万円
2,500万円超0円

その他の所得控除

基礎控除以外の所得控除は、次のようなものがあります。

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は税理士佐藤智明に帰属します。

https://www.satoh-tax.com/

単発税務相談で税金のお悩みをいますぐ解消したい方へ

オンライン単発税務相談|佐藤智明税理士事務所

次のような方がご利用されています。

  • 税金ことがよくわからない
  • 本やネットで調べたが専門用語が多く理解できなかった
  • 知りたいことが見つけられなかった
  • 初めて申告するが、なにから初めていいかわからない
  • 自分と似たような事例を見つけたが、自分も同じでいいのか迷っている
  • 節税の条件を満たしているかわからない
  • 脱税にならないか心配
  • 税務署に間違いを指摘されないか不安だ
  • あとで予想していなかった税金、罰金の支払いがないか不安がある
  • どこまでが節税どこまでが脱税なのかがわからない
  • 相談できる相手がいない
    など

メール単発税務相談の詳細はこちら