個人事業者の青色申告

個人事業者の青色申告についてざっくり書きます。

個人事業者の青色申告

一定の帳簿を備付け、日々の取引を正確に記録し、その帳簿に基づいて正確な計算をする個人事業者は、
青色申告の承認申請をして、その承認を受けたときは、様々なメリットを受けられます。

青色申告の対象となる人

青色申告の対象は、次の所得がある人です。

  • 不動産所得(不動産等の賃貸)
  • 事業所得
  • 山林所得

青色申告の要件

次の要件を満たす必要があります。

  • 青色申告の申請をして承認を受けていること
  • 一定の帳簿を備付け、記録、保存していること

青色申告承認申請の提出期限

初めて青色申告の申請をする人は、次の期限までに青色申告承認申請書を税務署に提出する必要があります。

  1. 原則
    その年の3月15日まで
  2. 1月16日以降に新規開業したとき
    業務開始から2か月以内
  3. 相続により事業を引き継いだとき
    次のうち該当する期限まで
    • 亡くなった人(先代)が白色申告で、1月16日以後に事業を引き継いだとき
      事業を引き継いだ日から2か月以内
    • 亡くなった人(先代)が青色申告のときは、次のどれかが期限になります。
      • 亡くなった日が1月1日~8月31日
        亡くなった日から4か月以内
      • 亡くなった日が9月1日~10月31日
        その年の12月31日
      • 亡くなった日が11月1日~12月31日
        翌年2月15日

青色申告承認申請書の承認

  • 青色申告承認申請書を提出し、その承認の対象となったその年の12月31日までに承認、
    または、却下の通知がなかったときは、その12月31日に承認があったものとみなされます。
  • 11月1日以後に新規事業を開始したときは、翌年2月15日までに承認、
    または、却下の通知がなかったときは、その2月15日に承認があったものとみなされます。

青色申告のメリット

青色申告のおもなメリットは、次のとおりです。

  • 青色申告特別控除
    所得金額から上限65万円または10万円まで控除することができる。
    上限65万円の特別控除を受けるには次の要件を全て満たす必要があります。
    • 事業所得または事業的規模の不動産所得がある
    • 複式簿記(正規の簿記の原則)によって帳簿を作成している
    • 貸借対照表、損益計算書、その他の明細書を確定申告書に添付している
    • 確定申告書を提出期限までに提出している
      など
  • 青色事業専従者給与
    生計を一にしている15歳以上の親族のうち事業に専従している人の給与は、
    事前提出した届出の範囲内で適正な金額を給与として必要経費にすることができます。
  • 中小事業者の小額減価償却資産の必要経費算入の特例
    30万円未満の減価償却資産の取得価額の全額を必要経費にできる。
    その年の合計300万円が上限
  • 特別償却を必要経費にできる
    例:経営改善設備を取得したときの特別償却と税額控除
    関連記事

    「経営改善設備等を取得したときの特別償却と特別控除(商業・サービス業・農林水産業活性化税制) 」についてざっくり説明します。 経営改善設備を取得したときの特別償却と税額控除(商業・サービス業・農林水産業活性化税制) 経営[…]

    【経営&税金】経営改善設備を取得したときの特別償却と税額控除

    関連記事

    中小企業投資促進税制についてざっくり説明をします。 中小企業者等の投資促進税制 中小企業者等が、生産性向上等を目的として一定の設備投資を行ったときは、特別償却または税額控除の適用が受けられます。 平成31年度改正 平成31年[…]

    【経営&税金】中小企業者等の投資促進税制
  • 所得税額の税額控除ができる
    例:経営強化設備等を取得したときの特別償却と税額控除
    関連記事

    中小企業等が経営強化法に規定される「経営強化設備等を取得したときの特別償却と特別控除」についてざっくり説明します。 経営強化設備等を取得したときの特別償却と特別控除 中小企業等経営強化法の認定(経営革新等支援機関のサポートを受けるが[…]

    経営&税務】経営強化設備等を取得したときの特別償却と特別控除

    関連記事

    IoT投資(コネクテッド・インダストリーズ税制)を5千万円以上したときの節税(改正/創設/特別償却/税額控除)についてざっくり記載します。 IoT投資(コネクテッド・インダストリーズ税制)したときの節税(改正/創設/特別償却/税額控除[…]

    【経営&税務】IoT投資を5千万円以上したときの節税(改正)
  • 赤字(純損失)の繰越し
    その年の赤字(純損失)を翌年以後3年間に繰り越して、翌年以後の黒字から控除することができます。
  • 赤字(純損失)の繰戻し
    その年の赤字(純損失)を前年に繰り戻し、前年分の所得税の還付を受けることができます。
    ※前年も青色申告であることが前提
  • 引当金
    貸倒引当金、退職給与引当金等の一定の引当額を必要経費にできる。
  • 更正の制限
    帳簿調査に基づかない推計課税による更正を受けない
  • 更正の理由附記
    更正通知書にその更正の理由を附記される
  • 個人事業者の事業用資産の贈与税の猶予と免除
    関連記事

    個人事業者が後継者に事業用資産を贈与したときに 贈与税が猶予と免除がされるものについてざっくり記載します。 個人事業者の事業承継贈与の猶予と免除 2019年1月1日~2028年12月31日の間に個人事業者が後継者に事業用資産[…]

    【事業承継】個人事業者の事業用資産の贈与の猶予と免除
  • 個人事業者の事業用資産の贈与税の猶予と免除
    関連記事

    個人事業者が後継者に事業用資産を相続したときに 相続税が猶予と免除がされるものについてざっくり記載します。 個人事業者の事業承継 相続税の猶予と免除 2019年1月1日~2028年12月31日の間に個人事業者が後継者に事業用資産を相[…]

    個人事業者の事業承継 相続税の猶予と免除
  • 現金主義
    不動産所得と事業所得の前々分の合計所得金額が300万円以下のときは現金主義により計算できる

    など

一定の帳簿書類

  1. 帳簿
    総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳など
  2. 書類
    棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書など

帳簿書類の保存期間

帳簿書類の保存期間は、次のとおりです。

  • 確定申告書の提出期限の翌日から7年間
    帳簿、棚卸表、貸借対照表、損益計算書現金、預金取引等関係書類など
  • 確定申告書の提出期限の翌日から5年間
    上記以外の書類

青色申告書に添付する書類

  • 原則
    貸借対照表、損益計算書、その他不動産所得、所得税青色申告決算書を添付する必要があります。
  • 簡易帳簿で記帳する場合
    損益計算書、その他不動産所得、所得税青色申告決算書を添付する必要があります。

青色申告と白色申告との比較

青色申告と白色申告のおもな違いは次のとおりです。

項目 青色 白色
青色申告特別控除 上限65万円または10万円
専従者の給与 原則、全額必要経費 配偶者 上限86万円
配偶者以外 上限50万円
30万円未満の減価償却資産の
全額必要経費
特別償却
税額控除
赤字(純損失)の繰越し 変動所得
または
被災事業用資産の損失のみ
赤字(純損失)の繰戻し
引当金 貸倒引当金
退職給与引当金
など
貸倒引当金のみ

 

更正の制限 推計課税されない 推計による更正・決定される場合がある
更正の理由附記 不利益処分に対して理由附記される
関連記事

作曲などの変動所得または不動産の権利金などの臨時所得があったときについてざっくり記載します。 変動所得または臨時所得があったとき 変動所得または臨時所得がある人は、一定の条件に該当するときは、平均課税によって税金を計算することにより[…]

【確定申告】作曲などの変動所得、不動産の権利金などの臨時所得

青色申告承認申請書の却下

次のどれかに該当する事実があるときは、税務署は申請を却下することができます。

  • 簿書類の備付け、記録、保存が帳簿書類の要件を満たしていなかったとき
  • 帳簿書類に取引の全部または一部を隠ぺいしまたは仮装して記載されている、
    その他の事実ではない記載があると認められる相当の理由があるとき
  • 青色申告の承認の取り消しの通知を受けた日以後1年以内に申請書を提出したとき
  • 青色申告の取りやめの届出を提出した日以後1年以内に申請書を提出したとき

青色申告承認申請書の取消し

青色申告の承認があったときでも、次のどれかに該当する事実があるときは、
税務署は、その事実が該当する年までさかのぼって、青色申告の承認を取り消すことができる。

  • その事業年度の帳簿書類の備付け、記録、保存が法令で定めるところに従って行われていないとき
  • 税務調査に当たり帳簿書類の提示を再三にわたり求めたにもかかわらず調査対象者が正当な理由なくその提示を拒否したとき
  • その事業年度の帳簿書類について税務署長の必要な指示に従わなかったとき
  • その事業年度の帳簿書類に取引の全部または一部を隠ぺいしまたは仮装して記載し、
    その他の記載事項の全体に真実性を疑うに足りる相当の理由があるとき

    など

関連記事

法人の青色申告についてざっくり説明します。 法人の青色申告 法人が一定の帳簿書類を備付け、日々の取引を正確に記録し、納税地の所轄税務署長に青色申告の承認申請をして、その承認を受けたときは、法人税の申告を青色申告書で提出することができ[…]

【経営&税務】法人の青色申告

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士
キャッシュフローコーチ
認定経営革新等支援機関
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー

未来経営
次のようなことで困っていませんか?
新入社員並の報酬料金で、役員クラスの貢献をしてほしい
会社のお金の流れが漠然としていてストレスがある
後継者を育てたい
社外CFOがほしい
社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレでイライラしている
節税という言葉に弱く、節税商品などを進められると
必要かどうか考えずに購入してしまう
過度な節税は、経営を悪くするといわれてもピンとこない
など

未来経営 佐藤智明税理士事務所
顧問税理士
次のようなことで困っていませんか?
税理士が対応してくれない
定期的に相談したい

経営者同士として話がしたい
税金の計算をしてほしい

経営革新等支援機関の支援を受けたい
相続や贈与の相談もしたい
担当者が代わることにストレスがある
現在の担当者に知識や経験、余裕がない
など
対面税金相談
次のようなことで困っていませんか?
対面で相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
相続や贈与の相談をしたい
必要なときだけ相談したい
税理士に直接相談したい
自分で作成した申告書を確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
対面相談 佐藤智明税理士事務所
ZOOM税金相談
次のようなことで困っていませんか?
ZOOMで相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税理士に直接相談したい
申告書の内容が合っているか確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
ZOOM税金相談 佐藤智明税理士事務所
メール税金相談
次のようなことで困っていませんか?
メールで相談したい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談がしたい
相談したいけど時間がない
営業時間内に相談する時間がない
税理士に直接相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税務署には相談しにくい
など
メール税金相談 佐藤智明税理士事務所
個人事業者の青色申告
最新情報をチェックしよう!
>

〒102-0084
東京都千代田区二番町9-3
THE BASE 麹町
営業時間 平日9時~18時