相続のときに相続税が2割加算される相続人のチェックリスト6項目

相続のときに相続税が2割加算される相続人についてざっくり説明します。

相続のときに相続税が2割加算される相続人

相続、遺贈、相続時精算課税によって財産を取得した相続人が、亡くなった人(被相続人)の子などの一親等の血族と
配偶者(夫または妻)以外の人であるときは、その相続人の相続税額に相続税額の2割に相当する金額が加算されます。

2割加算の対象となる人

次に該当する人が財産を相続などしたときは、相続税が2割加算されることになります。

  • 被相続人(亡くなった人)の孫
    孫が代襲相続人のときは2割加算の対象にはなりません。
  • 被相続人(亡くなった人)の孫を養子としている
    養子にした孫が代襲相続人となっているときは2割加算の対象にはなりません。
  • 被相続人の兄弟姉妹
  • 被相続人の甥(おい)、姪(めい)
  • 上記のほか、一親等の血族および配偶者に該当していない人
一緒によく読まれている記事

相続人に養子がいるときの基礎控除、法定相続人、生命保険金の非課税、養子縁組などについてざっくり記載します。養子養子とは、血縁による親子関係にない人を、法律上、親子関係があるとするものです。養子には「普通養子」と「特別養子」の2[…]

相続人に養子がいるときの基礎控除、法定相続人、生命保険の非課税等

亡くなった人 (被相続人)の一親等の血族

次の人が一親等の血族となります。

  • 被相続人(亡くなった方)の子。
  • 被相続人(亡くなった方)の父および母
    被相続人の配偶者(夫または妻)の父(義父)および母(義母)は一親等の「姻族」に該当するため
    2割加算の対象となります。
  • 被相続人(亡くなった方)の養子
    被相続人の孫を養子としているときは、原則、2割加算の対象となります。
    養子にした孫が代襲相続人となっているときは2割加算の対象とはなりません。

相続税額の2割加算の図解

2割加算 図

一緒によく読まれている記事

相続人になる配偶者、子、両親、兄弟、姉妹などの順位(順番)、放棄、欠格などについてざっくり記載します。相続人になる順位亡くなった人の相続人となる順位は民法で決められています。配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、一定の順序[…]

相続人になる配偶者、子、両親、兄弟、姉妹などの順位(順番)

相続税額の2割加算の計算

2割加算額=相続税額控除前の相続税額×0.2

相続時精算課税適用者の2割加算

相続開始時に相続時精算課税の対象者が亡くなった人(被相続人)の一親等の血族に該当しないときでも、
相続時精算課税により財産を取得時に被相続人の一親等の血族であったときは、
相続税額の2割加算の対象とはなりません。

一緒によく読まれている記事

2500万円まで贈与税が課税されない相続時精算課税制度の原則(贈与)についてざっくり説明します。相続時精算課税の原則の概要平成15年度税制改正により、貰った人が選択することにより、暦年贈与に代えて、贈与をした人(贈与者)から貰っ[…]

2500万円まで贈与税が課税されない相続時精算課税の原則:贈与税
一緒によく読まれている記事

60歳未満の父母等から住宅取得資金の贈与をされたときの相続時精算課税の特例についてざっくり説明したいとおもいます。相続時精算課税の特例2021年12月31日までに、直系尊属である父母などからの金銭を贈与され、日本国内に贈与された[…]

60歳未満の父母等から住宅取得資金の贈与された時の相続時精算課税

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

オンライン単発税務相談

オンライン単発税務相談|佐藤智明税理士事務所

次のような方がご利用されています。 オンライン単発の税務相談の詳細

  • 自分の悩みに沿った具体的な相談をして
    不安や悩みを解消したい
  • 伴走者をつけ、ついつい先延ばしになっていることを行動に移したい
  • メールやZOOMで専門家に相談して不安を解消したい
  • 外出しないで時間を節約して相談したい
  • 税理士に相談して対策を知りたい
  • 確定申告にわからないことがあり相談して安心したい
  • 相続や贈与の相談をして争族や税金の不安をなくしたい
  • 税務署で何時間も待たされ疲れたくない
    など