【確定申告】公的年金等の収入があるとき

公的年金等の収入があるときについてざっくり記載します。

公的年金等の収入があるとき

公的年金等の収入があるときは、雑所得(公的年金等)として計算し、他の所得(給与所得など)と合算され
所得税を計算します。

公的年金等の雑所得(儲け)の計算

公的年金等の収入があるときは、次のとおり雑所得(公的年金等)が計算されます。

雑所得(公的年金等)= 公的年金等の収入額の合計×割合-控除額

65歳未満の方の雑所得の割合と控除額

公的年金等の受給者が、その年1月1日に65歳未満であるときは、
雑所得(公的年金等)の割合と控除額は次のとおりです。
公的年金等の収入額の合計額が70万円以下のときは、雑所得(公的年金等)は「0円」となります。

公的年金等の収入額 割合 控除額
 0円 ~ 1,299,999円  100% 70万円
130万円 ~ 4,099,999円 75% 37万5千円
410万円 ~ 7,699,999円 85% 78万5千円
770万円以上 95% 155万5千円

65歳以上の方の雑所得の割合と控除額

公的年金等の受給者が、その年1月1日に65歳以上であるときは、
雑所得(公的年金等)の割合と控除額は次のとおりです。
公的年金等の収入額の合計額が120万円以下のときは。雑所得(公的年金等)は「0円」となります。

公的年金等の収入額 割合  控除額
 0円 ~ 3,299,999円  100% 120万円
330万円 ~ 4,099,999円 75% 37万5千円
410万円 ~ 7,699,999円 85% 78万5千円
770万円以上 95% 155万5千円

所得税の確定申告が不要となるとき

公的年金等の受給者が次のすべてに該当するときは、所得税の確定申告をする必要がありません。

  • 公的年金等の収入額の合計が400万円以下であること
  • 公的年金等の全部が源泉徴収の対象であること
  • 公的年金等以外の所得(給与所得など)が20万円以下であること

所得税の確定申告が不要に該当したときでも所得税の確定申告をするとき

所得税の確定申告が不要に該当するときでも次のどれかに該当するときは、
所得税の確定申告をする必要があります。

  1. 公的年金等の源泉徴収票に記載されていない以下の所得控除を受けるとき
    • 雑損控除
      関連記事

      所得税の雑損控除についてざっくり記載します。 所得税の雑損控除 納税者本人または一定の親族が所有する一定の資産について災害、盗難、横領の損害を受けたときや災害に関してやむを得ない支出をしたときは、確定申告をすることにより一定の金額を[…]

      【確定申告】災害、盗難、横領があったときの所得税の雑損控除
    • 医療費控除
      関連記事

      所得税の医療費控除についてざっくり記載します。 所得税の医療費控除 その年に本人または一定の親族が医療費を支払ったときに、その支払った医療費が一定額を超えるときは、確定申告をすることにより一定の金額を所得控除することができます。平成[…]

      【確定申告】所得税の医療費控除
    • 生命保険料控除
      関連記事

      所得税の生命保険料控除についてざっくり記載します。 所得税の生命保険料控除 所得税の納税者は、各年に、一定の生命保険契約等の生命保険料または介護医療保険料を支払ったときは、その保険料を支払っている人が一定の金額を所得控除することがで[…]

      【確定申告】所得税の生命保険料控除
    • 地震保険料控除
      関連記事

      所得税の地震保険料控除についてざっくり記載します。 所得税の地震保険料控除 所得税の納税者は、各年に、特定の損害保険契約等のうち地震等損額部分の保険料(掛金)を支払ったときは、一定の金額を所得控除することができます。 地震保険料[…]

      【確定申告】所得税の地震保険料控除
    • 寄付金控除
      関連記事

      所得税の寄付金控除についてざっくり記載します。  所得税の寄付金控除 所得税の納税者は、その年に特定寄付金を支出したときは、確定申告をすることにより、その特定寄付金を支出した人が一定の金額を所得控除することができます。 […]

      【確定申告】所得税の寄付金控除
      など

  2. 上場株式等の損失を翌年以降に繰り越すとき

    関連記事

    上場株式等を譲渡したときについてざっくり記載します。 上場株式等を譲渡したとき 上場株式等を譲渡したときは、他の所得(給与所得など)と区分する申告分離課税として税金を計算します。 上場株式等を譲渡所得(儲け)の計算 上場株式[…]

    【確定申告】上場株式等を譲渡したとき

所得税の確定申告が不要に該当したときでも住民税の申告をするとき

所得税の確定申告が不要に該当し所得税の確定申告をしなかったときでも次のいずれかに該当するときは、
住民税の申告をする必要があります。
※所得税の確定をしたときは、住民税の申告をする必要はありません。

  1. 公的年金等の源泉徴収票に記載されていない以下の所得控除を受けるとき
    • 雑損控除
    • 医療費控除
    • 生命保険料控除
    • 地震保険料控除
    • 寄付金控除
      など
  2. 雑所得(公的年金等)以外の所得がある方
関連記事

個人年金の収入があるときについてざっくり記載します。 個人年金保険料の支払者と個人年金の受取人が同じ人であるとき 個人年金保険料の支払者と個人年金の受取人が同じ人であるときは、個人年金の収入は、雑所得(公的年金等以外)として計算され[…]

【確定申告】個人年金の収入があるとき

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士
キャッシュフローコーチ
認定経営革新等支援機関
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー

未来経営
次のようなことで困っていませんか?
新入社員並の報酬料金で、役員クラスの貢献をしてほしい
会社のお金の流れが漠然としていてストレスがある
後継者を育てたい
社外CFOがほしい
社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレでイライラしている
節税という言葉に弱く、節税商品などを進められると
必要かどうか考えずに購入してしまう
過度な節税は、経営を悪くするといわれてもピンとこない
など

未来経営 佐藤智明税理士事務所
顧問税理士
次のようなことで困っていませんか?
税理士が対応してくれない
定期的に相談したい

経営者同士として話がしたい
税金の計算をしてほしい

経営革新等支援機関の支援を受けたい
相続や贈与の相談もしたい
担当者が代わることにストレスがある
現在の担当者に知識や経験、余裕がない
など
対面税金相談
次のようなことで困っていませんか?
対面で相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
相続や贈与の相談をしたい
必要なときだけ相談したい
税理士に直接相談したい
自分で作成した申告書を確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
対面相談 佐藤智明税理士事務所
ZOOM税金相談
次のようなことで困っていませんか?
ZOOMで相談をしたい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税理士に直接相談したい
申告書の内容が合っているか確認してほしい
顧問契約を迷っている
税務署には相談しにくい
など
ZOOM税金相談 佐藤智明税理士事務所
メール税金相談
次のようなことで困っていませんか?
メールで相談したい
単発、短期間の相談がしたい
必要なときだけ相談がしたい
相談したいけど時間がない
営業時間内に相談する時間がない
税理士に直接相談したい
相続や贈与の相談をしたい
税務署には相談しにくい
など
メール税金相談 佐藤智明税理士事務所
【確定申告】公的年金等の収入があるとき
最新情報をチェックしよう!
>

〒102-0084
東京都千代田区二番町9-3
THE BASE 麹町
営業時間 平日9時~18時