つみたてNISAの配当金と譲渡益の税金、非課税枠、欠点など12選

つみたてNISAを利用したときの配当と譲渡益の税金、非課税枠、非課税期間、欠点などについてざっくり説明します。

つみたてNISA

平成30年1月1日~平成49令和19年12月31日までの間に、NISA口座内に設定する
累積投資勘定(=つみたてNISA勘定)で一定の金融商品等を一定の方法で購入すると、
購入した金融商品等に係る分配金等(株式数比例配分方式を選択したものに限る。)と譲渡益は
非課税となります。

平成30年以降は、各年に「つみたてNISA」と「NISA」のどちらかを選択して利用することができるようになります。

※配当金、譲渡益は、通常20.315%の課税がされます。
※特定口座、一般口座に預けている金融商品等を「つみたてNISA勘定」に移すことはできません。
※株式数比例配分方式とは、分配金を証券会社の取引口座で受け取る方式のことです。
※「つみたてNISA」は、申込みは平成29年10月から開始します。

関連記事

NISAを利用したときの配当金と譲渡益の税金、非課税枠、非課税期間、確定申告などについてざっくり説明します。 NISA 平成26年1月1日~令和5平成35年12月31日までの間に、NISA口座(=非課税口座)を開設して対象の株式等を[…]

【確定申告】NISA

対象となる人

日本に居住する口座開設の年の1月1日に20歳以上の人

※ジュニアNISAでは、0歳以上~口座開設の年の1月1日に19歳以下の人

関連記事

ジュニアNISAを利用したときの配当金と譲渡益の税金、非課税枠、非課税期間、欠点などについてざっくり説明します。 ジュニアNISA 平成28年4月1日~平成35令和5年12月31日までの間に、ジュニアNISA口座(=未成年者口座)を[…]

【確定申告】ジュニアNISA

対象となる金融商品等

※2017年10月以降、金融庁ウェブサイトに公表されます。

  • 対象となる主な商品
    ※金融機関によって取扱い商品が異なります。
    • 上場投資信託(ETF)
    • 公募により発行された株式投資信託のうち、長期の積立・分散投資に適した一定の商品性を有するもの
  • 対象とならない主な商品
    預貯金、国債、社債 など

一定の方法で購入

累積投資契約(=つみたてNISAに係る積立契約)に基づき定期、かつ、継続的な方法により対象商品を購入すること。

※1度に40万円分をまとめて購入することはできません。
※金融機関によって契約の詳細な内容が異なります。

つみたてNISAの年間購入上限額

手数料等を含まない買付代金ベースで毎年40万円が上限となります。

※その年の合計購入金額が40万円以下であっても、その上限に達しなかった部分は翌年度に繰り越しできません。
※NISAは毎年120万円が上限となります。
※ジュニアNISAは毎年80万円が上限となります。

つみたてNISAの非課税期間

投資した年から数えて20年間となります。

平成30年1月に投資した人と平成30年12月に投資した人の非課税期間の終了は、平成49令和19年12月31日となります。

※投資した日から20年間ではありません。 
※ジュニアNISAとNISAは5年間となります。

非課税期間20年間の終了後

特定口座や一般口座などの課税口座に移り、その後の分配金や譲渡益等は課税されます。

※非課税期間終了後、翌年の非課税枠を利用して「つみたてNISA勘定」で保有を続けることができません。

※ジュニアNISAとNISAは翌年の非課税枠を利用することも制度期間内であれば可能です。

つみたてNISAの欠点:譲渡損失の繰越控除と損益通算ができない

つみたてNISA勘定の譲渡損失は、以下の適用がありません。

  • 譲渡損失の繰越控除 ※この譲渡損はなかったものとされます。
  • 特定口座、一般口座の譲渡益との損益通算

「つみたてNISA」と「NISA」の切替え時の一定の要件

  • 切り替え年の1月1日~切り替え日までに変更前の制度を利用していないこと。
    ※既に購入している場合は、翌年の投資分から変更することになります。  
  • 切り替えをしようとする年の9月末日までに手続きをすること
    ※「NISA」から「つみたてNISA」に切り替えた場合でも、切り替え前にNISAで購入した株式等の配当金等や
    譲渡益の非課税期間は購入年の1月1日から5年間となります。

つみたてNISA口座を開設できる金融機関

証券会社、銀行、郵便局など

※原則、1人1口座しか開設できません。
※一定の要件のもと暦年ごとに「つみたてNISA」と「NISA」の切り替えが可能となります。
※一定の要件のもと金融機関の変更が可能となります。

金融機関を変更するときの一定の要件

  • 変更年の1月1日~変更前にNISA口座内で購入をしていないこと。※既に購入している場合は、翌年の投資分から変更することになります。  
  • 変更しようとする年の9月末日までに手続きをすること。

確定申告をする必要がないとき

つぎのときは確定申告をする必要がありません。

  • つみたてNISAで株式比例配分方式を選択した配当金
  • つみたてNISAで売買した株式

上記の内容は、ブログ記載時点のものとなります。
具体的な事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士
キャッシュフローコーチ
認定経営革新等支援機関
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー

脱ドンブリ経営!経営者ステップアップセミナー
次のような思いはありませんか?

  • 経営者として次のステージへステップアップしたい
  • 会社のお金の流れをわかりやすく知りたい
  • お金の入と出のバランスを考えられるようになりたい
  • 苦手な経営数字を理解できるようになりたい
  • 利益が出ているのにお金が残らないことを改善したい
  • 会社の目標を数字で語れるようになりたい
  • ドンブリ経営から脱却したい
  • 事業計画以上の成果をあげたい
    など

 

セミナー室


成長戦略経営
次のような思いはありませんか?

  • 会社のお金の流れが漠然としているストレスを解消したい
  • 社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレを解消したい
  • 経営判断をそのときの気分や感情で行なく、
    明確な判断基準を自分の中に持ちたい
  • 新入社員並の料金で、役員クラスの貢献をしてくれる人材がほしい
  • 後継者を育てたい
  • 社外CFOがほしい
    など

 

未来経営コンサルティング


顧問税理士
次のような思いはありませんか?

  • 税金のことは専門家に依頼して安心したい
  • 税理士に直接相談したい
  • 融資の事前準備から返済まで相談したい
  • 認定支援機関に相談したい
  • 相続や贈与の相談もしたい
  • 税金の計算をしてほしい
  • 現在の担当者に知識や経験、余裕がない
  • 経営者同士として話がしたい
    など

 


メール税金相談
次のような思いはありませんか?

  • 確定申告の相談がしたい
  • 贈与の相談がしたい
  • 相続の相談がしたい
  • メールで相談をしたい
  • スポット、短期間の相談がしたい
  • 税理士に直接相談したい
  • 認定支援機関に相談したい
  • 税務署以外に相談したい
    など

 

メール税金相談 佐藤智明税理士事務所


ZOOM税金相談
次のような思いはありませんか?

  • 確定申告の相談がしたい
  • 贈与の相談がしたい
  • 相続の相談がしたい
  • ZOOMで相談をしたい
  • スポット、短期間の相談がしたい
  • 税理士に直接相談したい
  • 認定支援機関に相談したい
  • 税務署以外に相談したい
    など

 

ZOOM税金相談 佐藤智明税理士事務所


対面税金相談
次のような思いはありませんか?

  • 確定申告の相談がしたい
  • 贈与の相談がしたい
  • 相続の相談がしたい
  • 対面で相談をしたい
  • スポット、短期間の相談がしたい
  • 税理士に直接相談したい
  • 認定支援機関に相談したい
  • 税務署以外に相談したい
    など

 

対面相談 佐藤智明税理士事務所


【確定申告】つみたてNISA
最新情報をチェックしよう!
>

〒102-0084
東京都千代田区二番町9-3
THE BASE 麹町
営業時間 平日9時~18時