【経営&税務】給与の増加&設備投資をしたときの節税(改正)

中小企業者等が給与の増加と設備投資をしたときの節税(改正)についてざっくり記載します。

 

給与の増加と設備投資したときの節税(改正)


 平成30年4月1日~平成33(2021)年3月31日の間に開始する事業年度において、一定の中小企業者等が、国内雇用者の給与を引き上げるなどの要件を満たしたときは、法人税から一定額を控除することができます。

※個人事業者は平成31年分以降の適用になります。

 

適用を受けることができる中小企業者等


 適用を受けることができる中小企業者等は、次に該当する法人または農業協同組合等が該当します。

(ア)青色申告書を提出していること

(イ)資本金が1億円以下で、下記①と②に該当しないこと

①発行済株式数の1/2以上を資本金1億円超の法人に単独所有されている

②発行済株式数の2/3以上を資本金1億円超の法人に所有されている

など

(ウ)資本などを有しない法人のときは、常時雇用従業員が千人以下であること

(エ)適用を受けようとする事業年度開始前3年の所得の合計額が15億円を超えないこと

 

節税できる金額


 給与の増加と設備投資したときの節税額は、次のとおりになります。

節税できる限度額は法人税の20%となります。

(ア)原則

①通常要件のみを満たしたとき

(当期の国内雇用者給与-前期の国内雇用者給与)×15%

②「通常要件+上乗せ要件」の両方を満たしているとき

(当期の国内雇用者給与-前期の国内雇用者給与)×20%

 

(イ)中小企業者の特例

①通常要件のみを満たしたとき

(当期の国内雇用者給与-前期の国内雇用者給与)×15%

②「通常要件+上乗せ要件」の両方を満たしているとき

(当期の国内雇用者給与-前期の国内雇用者給与)×25%

 

原則の要件


 給与の増加と設備投資したときの原則の要件は次のとおりです。

 ※青色申告書を提出し次の要件を満たすときは、中小企業者以外でも適用を受けられます。

(ア)通常要件は次のすべてを満たす必要があります。

①当期の国内雇用者給与 > 前期の国内雇用者給与

②当期の国内設備投資額 ≧ 当期の減価償却費×90%

③(継続雇用者の当期の国内雇用者給与-継続雇用者の前期の国内雇用者給与)

 ÷ 継続雇用者の前期の国内雇用者給与 ≧ 3% 

 ※継続雇用者=「前期+当期」のすべての月に給与の支給を受けた人

 

(イ)上乗せ要件は、次の要件のすべてを満たす必要があります。

①(ア)の①~③の要件

②(当期の教育訓練費-当期前2年以内の教育訓練費の年平均額)

÷当期前2年以内の教育訓練費の年平均額 ≧ 20%

 

中小企業者の特例の要件


 給与の増加と設備投資したときの中小企業者の特例の適用を満たす要件は次のとおりです。

(ア)通常要件は次のすべてを満たす必要があります。

①当期の国内雇用者給与 > 前期の国内雇用者給与

②(継続雇用者の当期の国内雇用者給与-継続雇用者の前期の国内雇用者給与)

 ÷ 継続雇用者の前期の国内雇用者給与 ≧ 1.5% 

 

※継続雇用者=「前期+当期」のすべての月に給与の支給を受けた人

 

(イ)上乗せ要件は、次の要件のすべてを満たす必要があります。

①当期の国内雇用者給与 > 前期の国内雇用者給与

②(継続雇用者の当期の国内雇用者給与-継続雇用者の前期の国内雇用者給与)

 ÷ 継続雇用者の前期の国内雇用者給与 ≧ 2.5% 

③次のいずれかを満たすこと

(a)(当期の教育訓練費-当期前1年以内の教育訓練費の年平均額)

÷当期前1年以内の教育訓練費の年平均額 ≧ 10%

(b)事業年度終了日までに中小企業等経営強化法の経営力向上計画の認定を受け、経営力向上

が確実に行われたものとして証明がされ一定の書類を確定申告書に添付すること

 

新設法人の設立事業年度


 改正後は、新設法人の設立事業年度は適用ができなくなりました。

 

上記の内容は、平成30年6月11日時点のものとなります。

各個別的事案は各専門家へご相談されることをお勧め致します。

 

佐藤智明税理士事務所 https://www.satoh-tax.com/

税理士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

  

掲載の文章等の無断使用、無断転載を禁じます。
全ての著作権は佐藤智明税理士事務所に帰属します。

 

関連する記事


【経営&税務】10月1日以降でも消費税が旧税率(8%)になるもの

【経営&税務】10月1日 消費税が10%になって変わること

【経営&税務】代表者等の法人申告書への自署と押印制度の改正(30年度改正)

【経営&税務】保育施設用資産を取得したときの減価償却の上乗せ(30年度改正)

【経営&税務】法人が収益をいつ、いくらで計上すべきかの改正(30年度改正)

【経営&税務】地震により販売用酒類が破損したときの酒税の還付

【経営&税務】IoT投資を5千万円以上したときの節税(30年度改正・創設)

【経営&税務】設備投資をしたときの固定資産税の軽減(30年度改正・創設)

【経営&税務】給与の増加&設備投資をしたときの節税(30年度改正)

【経営&税務】所得税の配偶者の扶養親族等の数え方の変更(平成30年度改正)

【経営&税務】スキャナ保存制度

【経営&税務】帳簿書類の電子保存

【経営&税務】輸出酒類販売場

【経営&税務】免税店(輸出物品販売場)

【経営&税務】法人の青色申告

【経営&税務】経営革新等支援機関

 

【経営&税務】所得拡大税制(雇用者給与等支給額が増加した場合の特別控除)の見直し

【経営&税務】経営力向上設備等を取得した場合の特別償却又は特別控除

【経営&税務】経営力向上設備等に係る固定資産税の特例

【経営&税務】国税クレジットカード納付

【経営&税務】災害特別貸付けに係る消費貸借に関する契約書の印紙税の非課税

【経営&税務】被災者が作成する不動産の譲渡に関する契約書等の印紙税の非課税

【経営&税務】被災自動車の自動車重量税の還付

 

【経営&税務】被災代替資産等の特別償却制度の創設

【経営&税務】酒税法等の一部改正法

【経営&税務】個人情報保護法の改正