代表者のプロフィール

経営者と二人三脚で伴走し

 

会社の明るい未来の実現を目指して

 

ともに成長と尊重ができる信頼関係を築く

 

1976生まれ

出身地

神奈川県横浜市鶴見区出身

血液型

A型

趣味

スカッシュ

ペット

ダックスフンド

好きな音楽

Superfly

宇多田ヒカル

資格 

税理士 

合格科目

法人税 相続税 消費税 財務諸表論 簿記論

経営革新等支援機関

認定キャッシュフローコーチ🄬

宅地建物取引士

CFP🄬(ファイナンシャルプランナー)

MOS:Excel PowerPoint Word

初級システムアドミニストレータ

 

主な所属団体

東京税理士会

関東経済産業局 認定経営革新等支援機関

日本FP協会

一般社団法人 日本キャッシュフローコーチ協会

 

好きな言葉

 思考に気をつけなさい、

それはいつか言葉になるから。

 

言葉に気をつけなさい、

それはいつか行動になるから。

 

行動に気をつけなさい、

それはいつか習慣になるから。

 

習慣に気をつけなさい、

それはいつか性格になるから。

 

性格に気をつけなさい、

それはいつか運命になるから。

 

マザー・テレサ

 

税理士 佐藤智明


-主な略歴-

 

 理系大学卒業後、物流系の一般企業に就職する。

理系出身で数字に強いだろうという会社の判断で管理業務に配属され、簿記等の知識が必要になったことから簿記3級から勉強を始める。

 

 学んだことがない簿記等に苦戦をしつつも簿記級、級、級と勉強を進めるにつれ面白い分野であり、理系大学で培った予測、計画、実行、データ収集、結果分析、問題点の改善が会計等にも役立ち理系大学出身でもやっていけると確信する。

 

 勤務時間が112時間を超え、また夏季および年末が繁忙期のため1年中長時間労働の日々が続く。

 

 平成15年に税務・会計等をもっと学びたいとおもい税理士事務所に転職することを決意するも、当時は税理士事務所への就職・転職は人気があり完全な買い手市場で苦戦することに。

 

 応募総数30回以上のすえ、川崎に所在する税理士事務所に勤務。

 

 仕事と税理士試験勉強の両立に日々を忙殺されるも、充実感のほうが勝っていたので続けることでき、税理士試験(簿記論、財務諸表論、法人税、相続税、消費税)に7年間で合格する。

 

 実務経験は、様々な業種及び経験をするために数所の税理士事務所、税理士法人(男性代表、女性代表、会計士代表、元国税出身代表など、規模等も様々)に勤務し、売上高数千万円から数百億円の中小企業の税務相談、税務代理、連結納税、組織再編成等および大地主様の不動産所得から個人事業者の確定申告、相続開始前の相談・対策から実際の相続等の申告、マイナンバーのセミナー講師等の業務に携わる。

 

 税理士になり、お客様、事務所内でも信頼が得たことやほんの少しは意見が通ることもあるなかで、心に疑問がありました。

 

 「税理士になったあとも記帳代行の仕事がメインであってよいのか?」

 「お客さまに、もっと貢献できるサービスはないのか?」

 「世の中はITなどにより効率的および飛躍的に進化しているのに、税理士事務所の仕事は上手く世の中の流れに乗れていない。」

 

そして、これらの疑問の解決方法を模索して出した答えが「独立」することでした。

 

「中小事業者だからこそ、他では提供していないサービスをお届けできるよう日々、葛藤しています。

 

低価格事務所と弊所のちがい


税理士事務所は選ぶときに、違いがわからないから価格だけで選んでいませんか?

 

もちろん、価格を基準に選ぶことが悪いわけではありません

私も同じ商品なら少しでも安く買いたいですし、出費を控えたいのは皆さん一緒ですよね。

 

しかし、価格だけではなく色々な選択肢を理解したうえで判断したほうが、

後々の得られる満足感や結果に対する納得感が違うとおもいます

 

自分や会社にとって何が最良なのかを選択できるのは事業者、経営者だけの特権です

その特権を有効に活用したい方は、続きをお読みください。(できるお手伝いを一助になれば幸いです)

 

 

まずは、低価格事務所(事務所職員担当者型)についてお話します。

 

なんと言っても安いことが売りです。

法人税、所得税、消費税など資格勉強をしている職員が担当者になるため、

顧問税理士というよりも記帳代行を外注しているという表現が正しいとおもいます。

 

事務所職員は、低価格のため担当件数が多く、記帳などの作業で手一杯になり

記帳代行の経験値があがるものの、税金相談などの経験が乏しいため

担当者からの節税の提案やコンサルティング、相続、贈与の対応などはあまり期待できません。

 

担当件数が多く忙しいため、質問などの対応が後回しになったり、最悪、忘れられてしまうことも...

お客様からのクレームも多く、クレーム対応にさらに時間をロスして忙しくなる悪循環も

 

依頼したあなたは低価格と引き換えに、記帳代行はしてもらえるものの

必要以上の税金の支払いや対応の悪さに怒ったり、多くの時間を失うことになります。

 

低価格事務所のおもな特徴をまとめると次のようになります。

1)月額1万~3万円で、決算報酬、税務調査対応、年末調整、確定申告などは別料金

2)代表(税理士)に合うのは決算の年1回くらい

3)税理士ではなく20~30代の事務所職員さんが担当になる

4)担当者は25~30社、多いと50社以上担当している

5)記帳代行をやってもらえる

6)試算表(損益計算書、貸借対照表)を作ってくれるが、説明などはその担当者の知識と心掛けしだい

7)法人税、所得税、消費税など税法の資格勉強中や簿記を勉強中の担当者になることもあり、

税法の見落しにより多額の税金の負担をする危険性もあります

8)税金相談の経験が乏しいため、節税対策の提案やコンサルティングが期待できない

9)担当件数が多く質問の回答の後回しや忘れられることもある

10)職員の在籍年数は3年以内がおおく、担当者が代わることも多い

 

 

つぎに、弊所(代表税理士担当者型)についてお話します。

 

経験豊富な税理士がお客様の担当者になります。  

税理士業界歴15年以上、お客様関与件数500件以上、年商1千万円~100億円規模、

業種も多種多様な経験があります。

法人、個人事業者だけでなく、相続や贈与などの経験があるため個人的なご相談にも

対応できます。

国税庁OB事務所、ファンド系列事務所、税理士賠償保険の審査などの経験もあり、

節税対策だけでなく黒字化、資金繰りなど会社の将来を見据えたコンサルティングにも

対応しております。 

 

税理士事務所の代表と会社の経営者、事業者として職種は違いますが、

同じ経営者として相談をすることができます。

従業員などには相談できず、担当者とはいえ税理士事務所の職員という立場だけでは理解できない、

経営者としての経験や悩みついてもお役に立てるとおもいます

 

弊所は顧問件数を10社と限定し、お客様1社1社に対し税理士としての経験、知識で貢献し

税金のことは弊社に任せて安心していただき、あなたは安心して経営者が本来やるべき仕事に没頭し、

あなたが思い描く会社のビジョンを達成してください。

 

弊所のおもな特徴をまとめると次のようになります。

1)月額5万~8万円で、決算報酬、税務調査対応、年末調整、確定申告などは別料金

2)代表税理士が担当者になります

3)法人税、所得税、消費税、相続税など経験豊富

4)顧問件数は10社と限定しています

5)御社で記帳をできるようにし、経営結果をすばやく把握して経営判断につなげる仕組みづくり

6)毎回の面談も丁寧に時間の許す限り対応し、わかりやすい言葉でお話します

7)他のお客様に対応中はご連絡が遅くなることもあります

8)脱税相談、社会保険などのお手続きは受けておりません

9)数百人規模などスケールメリットがある事務所にするつもりはありません

10)資金繰りや会社のビジョンを実現するためのコンサルティングも別途対応します

 

 

弊所(代表税理士担当者型)は、低価格事務所(事務所職員担当者型)に比べると少し割高です。

 

しかし、

安いことを理由に税理士事務所と顧問契約しても

 

実際は、税理士事務所に依頼しているも関わらず、担当者は事務所職員となり

記帳代行を外注しているだけで、節税対策や提案などは行ってもらえず、

税法の見落しにより多額の税金の支払いをする危険性すら出てきてしまいます。

 

これでは、何のために税理士事務所と顧問契約をしているのか分かりません。

 

だからこそ

「税理士担当者型(弊所)」に顧問契約を依頼することにより

 

本当の意味での

「会社の節税対策や経営者が安心して本来するべき仕事に没頭していく」

という感覚を体感していただけるはずです。

 

そして、それは

あなたの仕事や人生までも

より豊かに、向上させてくれるものになるでしょう

 

事業者、経営者の相談相手だからこそ

「代表税理士担当型」で、

あなたは安心して経営者の本来やるべき仕事に没頭し、

あなたの思い描く会社のビジョンを実現していただければと思います。