プロフィール

お金と利益を残す成長財務戦略&経営支援型税理士

すぐれた技術力をもちながら、厳しい環境におかれた日本の土台である中小企業に、税務相談から経営目標の達成まで必要なノウハウを提供し、支援先企業で黒字化・利益の前年比アップを達成中

『むずかしくなりがちな会社のお金の流れを、明解な図とキーワードで伝える内容は、わかりやすくて実践的と好評』

1976年生まれ
神奈川県横浜市出身

略歴
理系大学を卒業
物流会社の管理部門に就職、3年間勤務
税理士事務所へ転職
小規模税理士事務所
中規模税理士法人
ファンド系列の税理士事務所
国税OBの税理士事務所
独立開業

資格
税理士
合格科目:法人税 相続税 消費税 財務諸表論 簿記論
経営革新等支援機関
キャッシュフローコーチ
宅地建物取引士
MOS:Excel Word PowerPoint
など

税理士 佐藤智明

経営理念

経営目標とお金を結びつけ

あなたが本来やるべきことに没頭し

目標を超えるための意思決定の後押しをする

使命

むずかしくなりがちな会社のお金の流れを

明解な図とキーワードで経営目標を見える化し

お金と利益が残る会社にする財務改善の後押しをする

主な略歴

理系大学卒業後、物流系の一般企業に就職する。

理系出身で数字に強いだろうという会社の判断で管理業務に配属され、簿記等の知識が必要になったことから簿記3級から勉強を始める。

学んだことがない簿記等に苦戦をしつつも簿記3級、2級、1級と勉強を進めるにつれ面白い分野であり、理系大学で培った予測、計画、実行、データ収集、結果分析、問題点の改善が会計等にも役立ち理系大学出身でもやっていけると確信する。

しかし、

勤務時間が1日12時間を超え、また夏季および年末が繁忙期のためまとまった休みがなく1年中長時間労働の日々が続く

いまでこそ、ブラック企業なんて言葉がありますが、当時はそんな言葉すらなかった

また、就職氷河期だったことや高校は自転車で片道1時間、大学は電車で片道2時間に比べて、住んでいた隣駅の会社への通勤は楽だなという感覚で働いていました

ところが、

ある日、所属部署の部長が定年まであと数年だったにも関わらず突然、退職

あとでわかったことですが、ご家族にも相談せず退職されたみたいです

このときに初めて、自分の将来と向き合うようになりました

『もしかして、自分もこの仕事を続けてたら』

『こんな働き方はいつまでできるのだろうか』と

平成15年に、将来への不安と税務・会計等をもっと学びたいとおもい税理士事務所に転職することを決意するが、税理士事務所への就職・転職は人気があり完全な買い手市場で大苦戦

1人の求人枠に100人以上の就職希望者が集まる状態だったことをそのときの私はまだ知りませんでした

そんななか、

応募総数40回以上のすえ、 本当に運良く川崎に所在する税理士事務所に勤務できることに

仕事と税理士試験勉強の両立に日々を忙殺されるも、充実感のほうが勝っていたので続けることでき、税理士試験(簿記論、財務諸表論、法人税、相続税、消費税)に7年間で合格

実務経験は、様々な業種、経験をするために数所の税理士事務所、税理士法人(男性代表、女性代表、会計士代表、元国税出身代表など、規模等も様々)に勤務し、売上高数千万円から数百億円の中小企業の税務相談、税務代理、連結納税、組織再編成等および大地主様の不動産所得から個人事業者の確定申告、相続開始前の相談・対策から実際の相続等の申告、セミナー講師等など多岐になり

お客様、事務所内でも信頼が得たことやほんの少しは意見が通ることもあるなかで、心に疑問がありました

『税理士になったあとも記帳代行の仕事がメインであってよいのか?』

『お客さまに、もっと貢献できるサービスはないのか?』

そんな気持ちを抱えているときに、

ファンド系列の税理士事務所からオファーがありました

それまでの仕事と違いお客様の業績をどれだけ伸ばせるかが使命

成果もわかりやすく、刺激的でやりがいのある仕事

『記帳代行以外の仕事』『もっと貢献できるサービス』を求めて自分には、

これだ!とおもい懸命に働いていました

ただ、

働いていくうちに一点気になることが

それは

同僚が成果を上げているために、お客様に対して上から目線で接するため相手ににあまり喜ばれていないということ

このときは『やりがい』と『なにかしっくりこない』気持ちの狭間でゆれていました

そして、

この気持ちの解決方法を模索して私が出した答えは『経営支援型の税理士として独立』をすることでした。

佐藤智明税理士事務所の特徴

佐藤智明税理士事務所の特徴についてお話します。

経験豊富な税理士がお客様の担当者になります。  

税理士業界歴15年以上、お客様関与件数500件以上、年商1,000万円~100億円規模、業種も多種多様な経験があります。

法人、個人事業者だけでなく、相続や贈与などの経験があるため個人的なご相談にも対応できます。

また、認定支援機関(経営革新等支援機関)のため税制や融資など有利となるサポートもしております。

国税庁OB事務所、ファンド系列事務所、税理士賠償保険の審査などの経験もあり、節税対策だけでなく黒字化、資金繰りなど会社の将来を見据えたコンサルティングにも対応しております。

税理士事務所の代表と会社の経営者、事業者として職種は違いますが、同じ経営者として相談をすることができます。

従業員などには相談できず、担当者とはいえ税理士事務所の職員という立場だけでは理解できない、経営者としての経験や悩みついてもお役に立てるとおもいます

弊所は顧問件数を限定し、お客様1社1社に対し税理士としての経験、知識で貢献し税金のことは弊社に任せて安心していただき、あなたは安心して経営者が本来やるべき仕事に没頭し、

あなたが思い描く会社のビジョンを達成するお手伝いをします。

お客様の声

『最初にお話したとき、人柄が良さそうで何でも本音でお話し出来ると感じ、安心できたのがお願いした理由です。』
 
渡辺 様

評価: 5.0佐藤智明税理士事務所と知り合ったのは、知人からの紹介でした。
元々私はWeb系の職種でサラリーマンをしていたのですが、一念発起してWebフリーランスとして独立しました。

最初にお話したとき、人柄が良さそうで何でも本音でお話し出来ると感じ、安心できたのがお願いした理由です。

佐藤税理士事務所は、税理士が直接対応してくれるので、細かいところまで、忌憚のない助言をいただいてとても助かりました。

また、相談しやすい先生の印象は、初めてお会いした通りのままで、カウンセリングのように心地よく対応していただけました。

信頼できる佐藤先生に出会えたことに感謝しつつ、私もお客様や関係者が幸せと感じられる会社に成長させることを考えております。

『資格の上にあぐらをかく事のなく、常に探究心を持ち、お客様の為に日々精進されている方です。』
 
コンサルティング会社 様

評価: 5.0佐藤先生とは、税理士等が多く集まる、とあるセミナーでお知り合いになりました。第一印象はとても相手目線で接してくださる、とても気さくな方だなぁと思っておりました。
また、そのセミナーでも自らリーダー役をかって出られて、みんなを引っ張っておられ、私も何度もお世話になりました。

そんな中、私が依頼を受けた相続案件の中の土地の評価と株式評価をスポットでお願いしました。

期限も迫っていて、あまり時間のない中、高難易度の案件にもかかわらず、迅速にご対応頂きました。またその際、改めて感じたのが、本当に大変勉強家な方だなぁと思いました。

佐藤先生は本当に資格の上にあぐらをかく事のなく、常に探究心を持ち、お客様の為に日々精進されている方です。

『誠実そうなお人柄に安心感をおぼえ、手続きを依頼させていただくことにしました。』
 
加藤 様

評価: 5.0数年前、不動産売却による確定申告をすることになったのですが、
どのようにしたらよいかも分からず不安になっておりました。
インターネットで佐藤先生のホームページを見つけ連絡したところ、
誠実そうなお人柄に安心感をおぼえ、手続きを依頼させていただくことにしました。

必要な書類や、所得税や住民税などかかる税金についても丁寧に
教えていただき、またスピーディなご対応に大変感謝しております。

そのご縁から毎年確定申告をお願いしております。
親戚や友人にも紹介させてもらいましたが、相続の相談などでも
お世話になっているとのことでした。
今後とも末永く宜しくお願いいたします。

実績

法人の実績

相談、申告件数 累計500件以上
年商 1,000万円~100億円規模
従業員数 1人~800人
業種 
不動産賃貸・管理会社、番組企画制作、催事の企画運営、印刷業、資材用織物販売、情報処理サービス、ソフトウェア制作、温泉旅館業、貸切バス事業、結婚情報サービス業、労働者派遣業、衣料雑貨品販売、広告企画制作調査、設備設計、一般病院(100床規模)、一般社団法人 など

個人事業者の実績

不動産所得

相談、申告件数 累計1000件以上

  • 土地(借地、駐車場)の賃貸(~1300坪)
  • 建物の賃貸(~20棟)
  • 不動産賃貸の臨時所得

事業所所得

相談、申告件数 累計300件以上
年商 1,000万円~5億円規模
従業員数 1人~30人
業種 弁護士、歯科医、眼科医、産婦人科医、理容業、洋菓子製造業、整体業 など

譲渡所得

土地建物の譲渡(売買)、交換、買換え、収用など 累計140件以上

  • 自宅を売買したときの特例
  • 自宅以外の土地建物の売買
  • 株式の譲渡(売買)、損益通算、繰越控除 累計60件以上

上記以外の確定申告

  • ストックオプション
  • 住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)
  • 借入なしで自宅改修工事したときの税額控除
  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • ふるさと納税
    など

相続

相談、関与件数 約50件
※一般的な税理士事務所の平均申告件数は1年に1件程度なので、単純計算で約50年分の経験をしております。

贈与

相談、関与件数 約70件

セミナー・社員研修

佐藤智明税理士事務所のおもな特徴まとめ

  • 経験豊富な税理士が直接、ご相談に対応します。
  • 法人税、所得税、消費税、相続税など幅広い経験が豊富です。
  • 認定支援機関のため税制や融資で有利になるサポートが受けられます。
  • 融資の相談に事前準備から返済まで出来ます。
  • わかりやすい言葉で面談も丁寧に対応します。
  • 御社で経理業務の自立化を支援します。
  • 他のお客様に対応中は、電話対応が遅れる場合があります。
  • 節税相談はしていますが、脱税相談は対応しておりません。
  • 社会保険などのお手続きは専門家をご紹介しています。
  • 銀行格付け評価を基づいた財務改善で融資対策ができる。
  • 企業の成長を加速させるコンサルティングも別途対応します。

経営支援型の税理士事務所は、記帳代行型の税理士事務所に比べると

成長期・成熟期の企業にオススメです。

安いことを理由に記帳代行型の税理士事務所と顧問契約しても

実際は、

税理士事務所に依頼しているも関わらず、

担当者は事務所職員となり記帳代行を外注しているだけで、

節税対策や提案などはなく

税法の見落しにより多額の税金の支払いをする危険性すら出てきてしまいます。

これでは、何のために税理士事務所と顧問契約をしているのか分かりません。

だからこそ

経営支援型の税理士に依頼することにより

成長期・成熟期の企業にとって重要な

本当の意味での

「会社の節税対策や経営者が安心して本来するべき仕事に没頭していく」

という感覚を体感していただけるはずです。

そして、それは

あなたの仕事や人生までも
より豊かに、向上させてくれるものになるでしょう

事業者、経営者の相談相手だからこそ

経営支援型の佐藤智明税理士事務所で、

あなたは安心して経営者の本来やるべき仕事に没頭し、

あなたの思い描く会社のビジョンを実現していただければと思います。

佐藤智明税理士事務所と記帳代行型税理士事務所の比較表

経営支援型の佐藤智明税理士事務所記帳代行型の税理士事務所

成長期・成熟期の企業にオススメです

創業期の企業にオススメです

担当者は税理士

担当者は税理士ではなく20~30代の事務所職員

法人税、所得税、消費税、相続税など経験豊富

記帳代行をやってもらえる

認定支援機関のため税制、融資など有利なサポートが受けられる代表(税理士)に合うのは決算のときのみ

融資の事前準備から返済まで相談できる

担当件数は25~30社、多いと50社以上担当している場合もある
対面、ZOOM、メールで相談できる 試算表(損益計算書、貸借対照表)を作成するが、
説明などはその担当者の知識と心掛けしだい
わかりやすい言葉で丁寧に対応担当件数が多く質問の回答の後回しや忘れられることもある
御社での経理業務の自立化を支援職員の在籍年数は3年以内がおおく、担当者が代わることも多い
脱税相談は対応していません資格勉強中や簿記を勉強中の担当者になることもあり、
税法の見落しにより多額の税金の負担をする危険性もあります
経営戦略と生産性向上のコンサルティングも別途対応します税金相談の経験が乏しいため、
節税対策の提案やコンサルティングが期待できない
社会保険の手続きは専門家をご紹介します近年、人材の確保が難しくなってきている

こんな方にはオススメしません。

  • 節税ではなく、脱税をしてまで税金を納めたくない方
  • 相談相手ではなく、下請けと考えている方
  • 業務範囲は話し合いになりますが、
    なんでもやってもらえると考えている方
  • 専門ではない、社会保険や登記の手続きを希望する方
    ※専門家をご紹介します。
顧問税理士|佐藤智明税理士事務所 

一方、こんな方にオススメです。

  • 黒字経営にしてビジョンの実現を加速させたい
  • キャッシュフローを安定させ、安心して経営に専念したい
  • 税制や融資で有利になるサポートを受け、
    企業を成長をさせたい
  • 伴走者をつけ、ついつい先延ばしになっていることを行動に移したい
  • メールやZOOMで相談できる専門家の相談相手がほしい
  • 税金のことはそんなに詳しくなく、
    専門家の相談し安心して経営に専念したい
  • どれくらいまで節税していいのかがわからないので
    専門家の相談相手がほしい
  • あとで多額の罰金等の支払をしたくない
  • 会社や事業のことだけではなく、
    相続や贈与のことも相談できる専門家の相談相手がほしい
  • 税理士以外の担当者では不安があり、
    本業に専念できる環境を整えたい
  • 担当者が変わるたびに
    誰に相談していいのかわからなくなる不安を解消したい
    など

お問い合わせ

サービス内容についてのみご質問を24時間受付けています。
メールにて3営業日以内に返信させていただきます。

個人情報は、お問い合わせへの対応と確認に利用します。
取得した個人情報は法令等による場合を除いて、第三者に提供することはありません。

営業、勧誘、紹介などには回答しておりません。

お問い合わせフォームへの特定電子メール(営業目的等)の「送信を拒否」しています。
営業・勧誘のメールは「特定電子メール法の送信の適正化等に関する法律」に則り関係機関等に通報します。
詳細につきましては、総務省における迷惑メール関係施策をご覧ください。

必須項目をお選びください
必須お問い合わせ内容
  【複数選択できます】
必須お名前
必須メールアドレス
必須
サービス内容について
質問等を記載してください

よくあるご質問

税務署と貴事務所の違いは何ですか?

税務署は、条件や方法が合っていればそのまま処理され、あなたにとってこちらが有利(税金が少くなるなど)とかまでは教えてくれません。
メールやZOOMでの相談もしていません。

税務署の誤指導により、相談者が節税を受けられないこともあります。
※加算税などは免除してもらえるが、節税策は認められないことが多い。

場合によっては、
申告期限後には、選択した方法を有利な方法に変更できない。
ということもあります。

事前に弊所に相談してくれてれば他の方法を提案できたのにとおもうこともあります。

何が有利不利になるかはケースバイケースなので、それに気づけるのか、知っているのか、判断ができるのかなどが大切だと弊所は考えております。

成長財務戦略と顧問税理士はセットで契約しないとダメですか?

セットで契約する必要はありません。
成長財務戦略は、目標を超えるための意思決定をサポートするためのコンサルティングサービスです。
顧問税理士とは全く異なるサービス内容となっております。
顧問税理士を他の税理士と契約したまま、黒字戦略経営のみ弊所と契約しているお客様もいます。

認定支援機関(経営革新等支援機関)って、なんですか?

中小企業庁が専門的知識を有し、一定の実務経験を持つ支援機関等 (税理士など)を、国が審査し、経営革新等支援機関として認定しています。
経営革新等支援機関から支援を受けることで、次のような税制優遇や補助金などの申請を行うことができます。

また、融資の通過率が高くなったり、日本政策金融公庫の創業融資の上限金額が4,800万円(通常3,000万円)など有利なるサポートが受けられます。

関連記事

認定経営革新等支援機関の役割、メリット:特別償却、税額控除、事業承継、融資などについてざっくり説明します。経営革新等支援機関中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や実務経験が一定レベル以上の者に対[…]

経営革新等支援機関の役割、メリットの特別償却、事業承継、融資
どこまで来てもらえますか?

東京駅から電車で60分程度の場所であればお伺いさせていただきます。
新幹線等の利用が必要なときは別途運賃(実費)を請求させていただきます。
来所でのご相談やメール相談の場合は、対面形式ではないため場所は関係ありません。

顧問税理士契約している場合も、相談料は別料金ですか?

顧問税理士契約に相談料は含まれております。
単発相談は、顧問契約をしていない方へのサービスです。
ご安心ください。

単発税金相談を作った理由はなんですか?

最近はAIなどの進歩により作業(記帳や申告書の作成など)はご自身で行う方が増えていますが、税法(税金)の判断の部分でどうすればよいのかわからない、悩むとのお声をお聞きすることが増えました。

また、
顧問契約するまでではないが、専門家の税理士に相談して安心したいとの要望もあり相談に特化したプランとして単発税金相談をご提案させていただいております。

そのため、
記帳代行や申告書の作成などの作業は、料金に含まれておりません。
申告書の作成をご希望の場合は、税務顧問や確定申告をお申込みください。

なぜ、有料相談なんですか?

税理士の原価は「時間&知識&経験」と考えております。
どれも目には見えないものですが、どれも大切な資源で限りがあるものです。
たとえば、1日24時間しかなく、努力で克服できるものではありません。

そして、
相談内容に回答するときは、あなたから事前に相談内容のお聞きしたうえで、必ず相談内容に関連する事柄について調べ直し、専門書などを読み返すようにしております。

ときには、
専門書の購入、裁判記録を調べて勉強することもあります。
専門的な知識は、時間とお金をかけたものに、経験を加えたものをあなたに提供しているため有料相談としております。

また、
顧問料をお支払いされているお客様への配慮と申告書の作成も大事なお仕事ですが、
お客様にはどちらかというと個々のご相談のほうに価値を感じていただいているため、ブログは無料としておりますが、個人的な事情に沿ったご相談は有料としております。

安くなりませんか?

現在の料金から安くすることはしておりません。
あなたの個々の悩みに対応しております。
単発相談はオーダーメイドのサービスであり、既製品のように一度に多くの方に提供したり、同じものを他の相談者に提供することがほぼできません。
相談内容は本当に人それぞれです。

また、
あなたにお会いしているときだけではなく、お会いする前にも相当な時間を費やしております。
そのため、現在の料金から安くすることは考えておりません。
ご了承ください。

相談を受けられないことはありますか?

脱税相談は対応しておりません

本来納める税金に、罰金を加えて支払うため余計にお金を支払うことになります。
また、世間体や地位、名誉を失う可能性すらありますので、
ご相談者の不利益になるため脱税相談は対応しておりません。

合法的な節税などのご相談は承っております。そのほかに、

弁護士などの他士業の方に相談したほうがより適切なアドバイスを受けられる内容などは、専門外なので具体策までは提示できないかも知れませんが、専門家にどのように依頼すればよいかを明確化するところまでは、ご提案をさせていただきたいとおもいます。

支払いは現金払いですか?

事前の銀行振込もしくは事前のクレジットカード払い(PayPal決済)とさせていただいております。
また、銀行振込の場合は、振込手数料をお客様負担でお願いしております。
領収書は、各銀行振込の利用明細またはクレジットカード会社が発行する利用明細書が代替となります。

保険など取扱いはしていますか?

弊所は保険などの販売はしておりません
お客様のなかには、保険などを販売させれることを不安におもっている方もいます。
そのため、弊所では保険などの取扱いはしておりません。

単発税務相談で相談回数が多くなることはありますか?

原則、1回で終わるように努めています。
限られた時間を最大に充実させるため、事前に相談内容と資料をメール、郵送をしていただくことを推奨しております。
ご協力をお願い致します。

しかし、
事前にお聞きした相談内容がかなり大きいテーマ、例えば「相続対策を今後どうしたらよいか?」などになると、相談者の考え、方向性を丁寧にお聞きすることから始めますので、相談回数が複数回となることもあります。

相談回数等が気になる方は、メール相談をお選びいただければ1ヶ月間定額となっております。

対面、ZOOM税金相談で日程の変更はできますか?

限られたスケジュールの中で行うため、日程変更は極力ないようにお願いしております。
体調不良や身内のご不幸などやむを得ない場合はもちろん別ですので、その際には遠慮なくご連絡ください。

時間内に終了しますか?

原則、時間内に終了するようにしております。
限られた時間を最大に充実させるため、事前に相談内容と資料をメール、郵送をしていただくことを推奨しております。
ご協力をお願い致します。

事前にお聞きした相談内容がかなり大きいテーマ、例えば「相続対策を今後どうしたらよいか?」などになると、相談者の考え、方向性を丁寧にお聞きすることから始めますので、時間内で相談できるところまでとなる場合もあります。

対面、ZOOM税務相談で遅刻したら延長してくれますか?

10分程度の遅刻のときは、延長は対応しております。
限られたスケジュールの中で行うため、遅刻は極力ないようにお願いしております。

しかし、
体調不良や身内のご不幸などやむを得ない場合はもちろん別ですので、その際には遠慮なくご連絡ください。

電話で単発税務相談はできませんか?

電話での単発税務相談はお断りしております
専門家であっても面識のない方と、事前に相談内容も分からずに、参考資料があなたにしかない状態で、限られた時間内に適切なアドバイスを行うことは非常に困難です。

あなたの不利益になることがあるため電話での単発相談はお断りしております。

対面税務相談で相談時間を過ぎたらどうなりますか?

そのときにお話をしている相談内容が最後の相談事項とさせていただきます。
ご相談後、2週間以内であれば、面談時のご相談内容についてメールでお答えしております。
面談時と違う相談内容の場合は、別途お申込みをお願いしております。

どのサービスを選択すればいいのかわかりません。

お問い合わせフォームに、おおまかな相談内容と希望することを書いてお問い合わせください。
あなたにオススメのサービスを提案させていただいております。
もちろん、提案とは違うプランを選択していただいても構いません。

どの士業に相談したらいいのかわからないんですが?

お問い合わせフォームに、おおまかな相談内容と希望することを書いてお問い合わせください。
内容を確認して回答をさせていただきます。

お問い合わせ

サービス内容についてのみご質問を24時間受付けています。
メールにて3営業日以内に返信させていただきます。

個人情報は、お問い合わせへの対応と確認に利用します。
取得した個人情報は法令等による場合を除いて、第三者に提供することはありません。

営業、勧誘、紹介などには回答しておりません。

お問い合わせフォームへの特定電子メール(営業目的等)の「送信を拒否」しています。
営業・勧誘のメールは「特定電子メール法の送信の適正化等に関する法律」に則り関係機関等に通報します。
詳細につきましては、総務省における迷惑メール関係施策をご覧ください。

必須項目をお選びください
必須お問い合わせ内容
  【複数選択できます】
必須お名前
必須メールアドレス
必須
サービス内容について
質問等を記載してください